FASHION ― 赤峰塾!間違いだらけの洋服選び

【武士道vs騎士道】日英のジェントルマンが生地について奥深く語る

2018.10.25 2018.10.25
2018.10.25
ジェントルマン道を極めるドクトル赤峰とファッション界のレジェンドたちが、イマドキファッションの風潮やヤワな着こなし、ガッカリスタイルなどをスパッと一刀両断! 男として、あるいは女として、「清く、正しく、美しく」生きるために必要な服装術や、服を着ることの意味・意義をストレートに語り尽くします。

ジェントルマン道を極めるドクトル赤峰とファッション界のレジェンドたちが、イマドキファッションの風潮やヤワな着こなし、ガッカリスタイルなどをスパッと一刀両断! 男として、あるいは女として、「清く、正しく、美しく」生きるために必要な服装術や、服を着ることの意味・意義をストレートに語り尽くします。

洋服のコレクションに先立って生地の展示会があるので、フォックス ブラザーズでは来年2019年秋冬シーズンのお披露目は終わっていて、今は2020年春夏から秋冬のリサーチをしています。伊・ミラノで開催される国際生地見本市のミラノウニカへ行くと、最初に訪れるのがフォックス ブラザーズのブースです。前回に続いて、フォックス ブラザーズ社長のダグラス・コルドー(Douglas Cordeaux)氏との対談をお楽しみください。(撮影協力/鷹岡 東京支店)

現代の生地で一番重要なのは「機能性」です

赤峰 ダグラスさんは世界の主要都市を回ってメンズウェアの変化を仔細に見ていらっしゃいますが、日本でも変化を感じますか。

ダグラス 日本には赤峰さんや中村達也さん(ビームス)、鴨志田康人さん(ユナイテッドアローズ)など 世界のメンズウェア業界をリードする人がいて、常に素晴らしい生地を求めています。私たちはその想いに応えるために、風合いやデザインを認めていただけるよう努力しています。

赤峰 そういう たゆまぬ努力がフォックス ブラザーズの今の地位を作っていますね。

ダグラス 今、メンズウェアはとても面白い段階にあると思います。特にスーツは既製服からビスポークやメイド トゥ メジャーに関心が移っていて、私たちのマーケットも広がっています。日本はメンズファッション雑誌の種類や発行部数などを含めて、世界中で有数のファッションマーケットだと思います。

赤峰 今ダグラスさんが世界中の有力テーラーやアパレルメーカーを回って、一番求められているのは何ですか。

ダグラス 今は2020年春夏シーズンの生地開発の方針を見定めている時期ですが、仕事をしていて楽しいのは、こうやっていろんな人と会うことで、難しいのは、生地を生産することです(笑)。冗談はさておき、生地開発には色や重さ(目付け)、トレンド、糸の使い方など様々な要素がありますが、今一番求められているのは「機能性」ですね。特に軽さは皆さんが気にします。

赤峰 なるほど。昔のアーカイブの生地を、“現代の軽さ”に変えていくわけですね。

ダグラス そういうリクエストにはしっかり応えていこうと思っています。

赤峰 フォックス ブラザーズのバンチブック(生地見本帳)が優れているのは、この生地見本を見て、作り手たちが「大きい分量の服のイメージができる」ところです。この大きさの生地を見た瞬間にイメージが広がっていくのがとても大事。

ダグラス 赤峰さんのように、そうやって創造力を膨らませられる人は世界でも少ないですよ。

英国人と日本人の似ているところとは?

ダグラス 赤峰さんは英国に精通されていますが、日本人と英国人は似ているところがあると思いますか。

赤峰 いい質問ですね。いわば、「武士道 対 騎士道」ですね。メンタルの基本は似ていると思いますよ。日本は明治以降、英国をお手本としていて、「英国式」という言葉があるほど愚直に模範としてきた歴史があります。日本では英国式を「正統」として植え付けてきたので、ブリティッシュ・スタンダードという言葉もある。日本人も英国人もデリケートな部分を大事にするところや礼儀正しいなどの共通点があって、服に対する趣味嗜好も似ていますね。

ダグラス 赤峰さんの言う通りです。繊細さやユーモアがあるところ、美しいモノに憧れているなど共通点が多いですね。洋服の色や素材など生地の好みも似ているので、話をしていても楽しいのだと思います。

赤峰 日本人も英国人もどちらも伝統を尊重しますよね。それが「~道」という精神性に表れているのだと思います。

ダグラス 日本に来て地下鉄銀座線に乗ったり、日本橋三越本店を見たりすると、英国に倣っているのがよく分かります。

フォックス ブラザーズのフランネルは「粗挽き」だ

赤峰 今日はダグラスさんが撮影のためにバンチブックをいくつか持参してくれました。フォックス ブラザーズの変わらぬ定番から、新しいバンチブック「PATTERNS」まであります。

ダグラス 毎シーズン新しいバンチブックを発行していて、新作は38ほどトライしています。

赤峰 新しいバンチブック「PATTERNS」を見ると、クラシックな配色をベースに、色が際立つ柄作りに挑戦しているのが理解できます。

ダグラス 「PATTERNS」はジャケット用のバンチブックで、タイドアップしてデニムを穿いたり、チノパンとも合わせられる色柄を想定しています。

赤峰 定番のバンチブックからダグラスさんが好きな生地を教えてくれますか。

ダグラス そうですね。チョークストライプの「オールドイングリッシュブルー」は気に入っています。映画『007 スカイフォール』の中でも着用しています。

赤峰 フォックス ブラザーズといえば、ウィンストン・チャーチルが好んだのもチョークストライプです。日本では今春公開された『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(原題:Darkest Hour)』の中でもチャーチル卿役が、フォックス ブラザーズの生地を使用したヘンリー・プール社製のスーツを着ていましたね。

ダグラス さすが細かいところまで観ていますね。

赤峰 フォックス ブラザーズのフランネルのグレーはブラウンがかっているのが特徴で、イタリアのフランネルのグレーは青みが強い。それでイタリアの方が挽き方が細かいんですよ。

ダグラス 色味と挽き方に国民性が出ますね。

赤峰 英国のフランネルは「粗挽き」で、イタリアモノは綺麗すぎて、そこがちょっと気にくわない。フォックス ブラザーズのフランネルは、「ちょうどいい」んです。

ダグラス フランネルは私たちのアイコンなので、これからも大切に育てていきます。

「ドクトル質問箱」では、赤峰さんへの質問をお待ちしています。こちらforzastyle@kodansha.co.jpまで質問をお送りください。

ジャパン・ジャントルマンズ・ラウンジ
http://j-gentlemanslounge.com

Photo:Shimpei Suzuki
Writer:Makoto Kajii

KEYWORDS
赤峰幸生

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.6.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO