ファッション界の賢人が提案!干場に着させたい「松竹梅」

“ちょいワル・ジロさん”がゾッコン!モテるレザージャケットの松竹梅とは?

2017.10.3 2017.10.3
Page 2/2
2017.10.3
サンローランのシングルライダース、みんな欲しいでしょ?
シングルライダース 49万9000円(税抜)/イヴ・サンローラン

 

干場サンローランの「キースレーサー」が竹ですか。ストーンズのキース・リチャーズが着用したモデルのライダースですね。

ジローラモ:大変な人気で売れてますよね、このレザージャケット。エディ・スリマンがサンローランを手がけてからのライダースで、「名作」とも言われています。

干場:モードで、シックで、キースモデルだけにロックの香りもあります。

ジローラモ:ディテールがきれいですね。さすがフランスですね。

干場:ジローさんはサンローランは着ますか?

ジローラモ:スーツとジャケット、サングラスを持っています。

干場:ジローさんに着てもらうと、ライダースが生き生きとしますね。エンメティとは違う革の質とかディテールとかがよくわかります。

ジローラモ:編集のサトシーノ、今日はこれを着て帰りますから。ギャラはこれでいいよ(笑)。

旅慣れたジローラモさんが、ライダースを愛する理由

干場:ジローさんはどんなときにライダースを着ますか?

ジローラモおしゃれなクルマに乗るときが多いですね。逆にバイクに乗るときは着ないかな。あとは、犬の散歩とか、彼女の散歩とか。

干場:彼女の散歩!

ジローラモ:あと飛行機に乗るときも多いですね。寒いときはそのまま着ていて、暑くなったら脱いで、Tシャツにカシミアセーターを着るとか。

干場:ジローさんなりの搭乗のアイデアとかありますか?

ジローラモ:ボトムはストレッチジーンズに、紐のスニーカーで、ベルトはしません。前にスリッポンを履いて乗ったら、降りるときに足がむくんでしまって、スリッポンが痛かったので、紐で調整できるスニーカーを履いていきます。

干場:さすが旅慣れしているから、何が自分に良いのかわかってますね。

ジローラモ:革ジャケットはTシャツの上に羽織れるし、シワを気にしなくていいし、移動のときも便利ですよ。

ジローラモさんが一番似合うレザーフライトジャケットが松!
レザーフライトジャケット「ブルゾン R12LBL16」1,165,000円(税抜)/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク0120-203-718)

ジローラモレザージャケットの松は、クリエイティブディレクターがハイダー・アッカーマンになってのファーストコレクションが話題のベルルッティのレザーフライトジャケットです。

干場:ボリュームと作りがすごいですが、プライスもすごい!

ジローラモ:デザイン的には、ボンバーとアビエータージャケットの中間ぐらいで、形がきれいですね。

干場:ジローさん着てみてください。

一同:おぉ、カッコイイ!(全員一致)

干場:ストレートに言っちゃいますが、これはジローさんしか似合わない。外国人特有のカッコイイ顔つきと雰囲気があるから似合うんです。日本人が着ると、ビートたけしさんが演じる、お笑いの鬼瓦権造みたいになっちゃうでしょ(笑)

ジローラモそう? 干場さんも似合いますよ(笑)。 革がいい香りがしますね。ジッパーとリブにリザードスキンを使っているし、赤いアリゲータースキンのアンダーカラーとか、贅沢にレザーを使っています。

干場:レザージャケットの松はトム・フォードあたりかなと思っていたらベルルッティで、上には上があると思いました。今回の軍配としてはやはり松ですね。ジローさんが一番似合うし、説得力があります。やっぱり、“着てみてなんぼ”ですね。

ジローラモさんが服を着るときに気をつけていること

干場:レザージャケットの松竹梅の紹介ありがとうございました。ジローさんと話をしているのが楽しいのに、レザーアウターの話はもっと楽しいです。やっぱり、洋服を一杯着ているから、説得力が違いますね。

ジローラモ:干場さんは20年ぐらい友だちですが、経験を重ねて、仕事に自分のポリシーを上手く出してきていますね。

干場:ありがとうございます。僕はよく「ジローさんみたいに着こなしたい」という相談を受けるんですが、「日本人には申し訳ないけど、イタリア人のジローさんみたいにはなれません」と答えています。

ジローラモ:いやいや、そうでもないですよ。サイズの合った服を着て、ちゃんとアイロンをかければ、いい男になれます。今日はレザーアウターの話だったけど、今スーツが大好きで、ネクタイをしたいときがある。日本の男性にはもっと格好良いスーツを着てほしいね。

干場:では次回はスーツの松竹梅をやりましょう! 今日はありがとうございました。

(※当日のジローラモさん:昔のハイドロゲンのジャケットに、ラルフローレンのシャツ、ディースクエアードのジーンズとベルト、そしてパネライの時計)

Photo:Naoto Otsubo
Edit:Satoshi Nakamoto
Text:Makoto Kajii

【問い合わせ】
エンメティ
03-6804-3861
イヴ・サンローラン
0570-016655
ベルルッティ・インフォメーション・デスク
0120-203-718

>>>気絶するほど役に立つ! 過去の「干場に着させたい松竹梅」の記事はこちらから

パンツェッタ・ジローラモ

1962年、イタリア・ナポリ生まれ。建築一家の三男として、ナポリ建築大学在学中に亡き父の後を継ぐ。主に政府からの依頼を受け、歴史的建造物の修復にたずさわる。1988年から日本在住。以降、多数雑誌、番組などで祖国イタリアについて紹介。2006年、本国より騎士の称号「カバリエレ~イタリア連帯の星勲章」を贈られる。2014年3月、【連続して最も多くファッション誌の表紙を飾った数(男性モデル)】という記録名でギネスワールドレコーズ2014に世界記録として認定。 表紙の連続登場数も更新中。

パンツェッタ・ジローラモのちょい不良日記
https://www.leon.jp/category/8

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.9.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO