FASHION オシャレはセレブに学べ!

ヨハネス・ヒューブルの「美術館デートの装い方」

『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、日本人の私たちにも取り入れやすい着こなしやアイテムをご紹介していきます。

「過ぎたるは及ばざるが如し」という言葉があるように、なんでもトゥーマッチは恥ずかしいものです。トレンド過ぎ、イタリア過ぎ、カジュアル過ぎ、全身黒過ぎ、柄過ぎ、色使い過ぎ…はイタイ。普通でいいんです、普通で。そこで、女性の本音を 大切に考える『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、盗むべき着こなしやアイテムをご紹介します。

Lesson.54 ヨハネス・ヒューブルに学ぶ美術館コーディネート


©gettyimages

平日と違い、金曜日の夜だけは20時まで開館してる美術館が多く、週末仕事終わりのデートスポットとして人気が高まってます。そんな美術館デートに着て行くべき服装をヨハネス・ヒューブルとオリビア・パレルモのカップルからヒントを得たいと思います。

仕事終わりにわざわざ着替えに帰らずとも、ネイビースーツのままで行ってOKなんです! ポイントとしては、ポケットチーフを白から柄に替えるだけでもビジネスっぽく見えません。遊園地や水族館などと違い、静かに作品を見て過ごす場所なので、カジュアルな装いよりも逆に知的さも醸し出せ、エスコート姿もさまになります。そして、気をつけるべきは彼女の服装です。デニムなど、スーツにあいにくい服装を避けてもらうように、事前に伝えておくことが大切!(スーツでそのまま行くからと伝えておけばOK)。要は、彼女を引き立てることが大切ってことです! 少しドレスアップしておけば、美術館からそのままホテルのレストランへ移る違和感のないデートプランも立てやすくなりますよ。金曜夜は、スーツのまま知的な美術館デートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スーツ 20万円/ボリオリ(ボリオリ 東京店 03−6256−0297)

ボリオリのアンコンスーツは、まるで着ていることを忘れるほど軽くて柔らかい着心地が特徴。セパレートでジャケット、パンツ別々で着回せるので、ビジネススーツとしてだけじゃなく、プライベートでも着回しがきくエコラグな一品です。

Photo(Item):Yasuhiro Ito
Styling,Text:Satoshi Nakamoto



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 オシャレはセレブに学べ!

連載をクリップ

COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE