FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION Special Talk

前園 真聖氏 独占インタビュー!
「好印象」の作り方

世界初!自分の顔を3D化 仮想試着でスーツを自由にオーダー

スーツ販売着数が世界一で知られる、青山商事が運営するトータルファッションブランド、「ザ・スーツカンパニー」とセレクトショップ「ユニバーサルランゲージ」で、スーツ、ドレスシャツのカスタムオーダー事業が展開されます。 このオーダーの凄い所は世界初、自分の顔を3D撮影して、仮想試着ができる「バーチャルフィッティングアバターシステム」を独自開発したのです!これにより、従来の出来上がりを待つまで実際のスーツ像が見えなかったスーツのオーダーが、その場で仕上がりを顔に合わせて確認できるというもの。

イタリア、イギリス、日本のトップクラスの生地(エルメネジルド ゼニアやロロピアーナなど)から好みのものを、何十通りもわずか数分で試着できるんです!実際に自分で試着したように見える画面上の姿を360°から確認できるほか、ドレスシャツやネクタイ、ベストに靴までさまざまなコーディネートを楽しめます。

型見本は、8モデルから選べ専門知識を持ったスタッフが細かな修正をして最適なフィッティングを行ってくれます。縫製もハンドメイドとマシンメイドから選べ、好みや予算に合わせた細かなオーダーとなっています。

そんな新カスタムオーダーのお披露目会に、元サッカー日本代表の前園 真聖さんが ご自身で事前にオーダーしたスーツを着用してスペシャルゲストとして登場! サトシーノが、40歳を超えた前園さんのファッション観について聞いてきました!

サトシーノ:さっそくですが、今日着ているスーツのポイントを教えて下さい。

前園氏:今回は、バーチャル フィッティング アバターシステムでオーダーしたスーツなんです。 いつも自分の好みに偏ってしまうんですけど、今回は普段は着ないチェック柄にチャレンジしてみました。

サトシーノ:確かにチェック柄は新鮮ですね! しかも、むちゃくちゃお似合いです! 普段着ていつのスーツのこだわりって、どんな感じなんですか?

前園氏:スーツの場合は、ネイビーが基本多いです。ネクタイやソックスなどハズしで色を使ったりすることはありますけど、自体はベーシックですね。今回のこのオーダーシステムなら試着が簡単に幾つも試せるので、普段選ばないスーツを試してみました。

サトシーノ:実際このチェックのスーツもご自身で選ばれたんですか?

前園氏:そうなんですよ。柄もですけど、ライトグレーという色も実は普段選ばないので、凄く新鮮です。

サトシーノ:20代、30代と比べてファッション観は変わりましたか?

次ページに続く



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


あなたにオススメ


連載 Special Talk

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE