TOP > COLUMN > 干場の「エコラグ」
FASHION ー エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

クロコダイルなら箔もつく! 男性へのプレゼントはベルトが喜ばれるワケ 

2017.8.23
2017.8.23

意外性があって、すごくうれしかったプレゼント

ラルフ ローレン パープルレーベルのクロコダイル製のベルトです。かれこれ5年くらい前ですかね。以前、お世話になっている女性の旦那さまにエルメスのニットタイをプレゼントしたことがあって、これはそのお礼の品としていただきました。

いくらエルメスのネクタイとはいえ、クロコダイル製のベルトのお返しというのは、ほとんど“わらしべ長者”状態ですよね(笑)。しかも、ベルトをプレゼントするというのは、相手の趣味をよく知っていなければ、なかなかできない行為。そんな意味でも、これを選んでくれた彼女は、とてもセンスがあって、しかも周りへの気配りがパーフェクトな方なんだなぁと、改めて思いました。

さりげなく馬具をモチーフにしたバックルや、2.5センチ幅という細さも僕好み。クラシックを踏まえたうえで、常に新しいものを提案するラルフ ローレン パープルレーベルの真骨頂が表現されたデザインです。これは本当に重宝していて、ジーンズスタイルのときにもするし、ウィークデイのスーツスタイルのときにもよくしています。エキゾチックレザーというと、これ見よがしで少し嫌らしいイメージがあるかもしれませんが、これはそんなに主張が強くないので、コーディネイトのアクセントとしてもすごくいいんですよ。

それとベルトって、スタイルを決める肝心な部分だと思うんですよね。例えば、胸元にするネクタイと足下の靴は、よくコーディネイトのポイントという言い方をしますよね。でも、ベルトだって負けちゃいない。中心にくるところは、嫌が応にも目立ってしまうんです。オーダーメイドじゃない限り、やっぱりベルトは必需品だし、サスペンダーがいくら流行りだと言っても、こっちのほうが一般的じゃないですか。だから、ここを押さえているとお洒落に見える。逆にダメだと、周りからがっかりされる部分でもあると思うんです。

要は、それほどベルト選びは難しいってことが言いたかったんですが、これをプレゼントしてくれた方には、本当に感謝しています。でも、それを逆手にとって、近しい人への贈り物にあえてベルトを選ぶのは意外性があっていいかもしれません。僕が、すごく喜んだんですから、ツボにさえハマればその効果は絶大です!

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO