Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
FOOD

美女のテンションがMAXに!「& éclé(アンドエクレ)」
vol.52【連載】美女が40'sと行きたいレストラン「私をゴハンに連れてって」

2016.11.24
2016.11.24

スターシェフ・オリヴィエ ロドリゲスの料理をカジュアルにいただけるネオビストロ

美女が40'sと行きたいお店を紹介する連載「私をゴハンに連れてって」。今回の美女は、なんと16年間も女子高で育ち、現在、監査法人でアシスタント業務をされている林和子さんです。

美人で長身スレンダーなうえ、指先まで隙のない美しさに圧倒されながらご挨拶すると、なんとも人懐っこい笑顔でいきなり面白トークがさく裂。「多感な時期に男子の評価を気にせずに過ごしたので、可愛らしさより面白さの方が得意になったのかもしれません(笑)」。そんな林さんは「大人の男性だからこそ知ってる! みたいなお店に連れて行ってほしい」と、リクエスト。

ではではと、ご案内したのは昨年できたばかりの「& éclé(アンドエクレ)」。こちらは、海外の三ツ星レストランや、マンダリンオリエンタル東京の「シグネチャー」などで高い評価を得てきた、技術も感性も超一流のスターシェフ、オリヴィエ ロドリゲスのネオビストロなんです。驚きなのが、リーズナブルな値段設定。ミシュラン クオリティをより多くの人に楽しんでもらいたいとの想いでオープンされたのだとか。中に入ると、「外国のお友達のうちに遊びに来たみたい。お洒落さに感動しながらも、なんだかほっとできちゃうな」。


店内は、さまざまな色を用いつつも統一感があり洗練された空間。席に着いた美女は「おしゃれ~♡」と、吐息交じりの甘い声。


最初に出てきたのは、根セロリのデリケートポタージュ&ホタテ貝とグラナチーズ。根セロリとホタテ貝のソテーの上に、薄くシェービングしたグラナチーズ、まわりには根セロリの濃厚で温かいポタージュがかけられています。「ん~、クリーミー! 濃くて美味しい~♡」と、美女は子どものような笑顔に。


「これも絶対美味しいはず!」と添えられたホタテ貝の紐をベースにして焼き上げられたトーストをパクリ。自然体で見ていて飽きない、そんな彼女が好きなタイプの男性とは?

「犬っぽい笑顔の人! 安心できる優しい表情に弱いんです。40代の男性ですか? 仕事にもライフスタイルにもこだわりも持っていらっしゃる大人の男性は本当にカッコいい! そんな人が私と一緒にいてリラックスしながら笑顔を見せてくれたら……、恋しちゃうかも?」。犬みたいな笑顔……、ちょっと鏡の前で練習してみてはいかがでしょう? こんな可愛い女性に恋してもらえるかもですよ。


次に運ばれてきた料理は、豚フィレ肉のパン包み焼き&バターナッツと葡萄 with ベルベーヌ香るソース。「え? なになに?」と、美女は興味津々。スタッフが目の前でカッティングしてパンの蓋を開けてくれます。


開けた瞬間、ふわ~っといい香り。食欲がそそられます。


「お肉がと~っても柔らくて、さすが!と唸る絶妙なお味ですよ。あなたも一口どうぞ♡」


マスタードとクミン風味の北海道サーモン&人参のコンポジション with 人参クーリは、とろけるサーモンと絶品ソースのハーモニーが楽しめます。美女は「綺麗……」と、そのビジュアルに釘づけに。キャバスに描かれたようなこの料理は、紅葉が舞い散るさまを表現しています。

店名の由来であるフランス語の“éclectique”(折衷的の意)とは、さまざまなスタイルやアイデアの中から最高のものを選択するという意味が込められているのだとか。シェフの想いが伝わりますね。


今回、料理に合わせてペアリングしていただいたワインのラインナップは、こちら。ポタージュに合わせたのは【Modat Cotes du Roussillon De ci de la】で、メロンやアプリコットのフレッシュな味わいからクリームの甘味へと変化していきます。豚フィレ肉には【Tralci Aglianico Sannio】が、ぴったりとマッチ。タンニンが乗っており、綺麗な味わいです。サーモンには【VERGET DU SUD Au fil du temps】をすすめていただきました。華やかなアロマに悩殺されます。


「それぞれのお料理に、本当にぴったり合っていて、お食事がドラマティックになりますね。アンドエクレ、大好き♡」。美女のはしゃぎっぷりが楽しくて心地よい時間。その名の通り最高のものを用意し、もてなしてくれるアンドエクレにて、彼女の最高の笑顔をゲットしてみてはいかがでしょうか。


Text:Kumi Koyama


【今回の美女】
林 和子さん
都心にある伝統校で16年間を過ごした生粋の東京女子。女子校で良かったなと思うのは、素晴らしい友人ができたことが一番大きいと語る林さん。高校時代の部活であったミュージカル部の仲間達と、今も歌やダンスを通して楽しい時間を共有しているのだとか。現在、うちうちで行われる公演に向けて、奮闘中とのこと。彼女のブログはこちらから↓
http://s.ameblo.jp/kajutan0609/

& éclé (アンド エクレ)
東京都港区南青山5-5-4 LUCE南青山 2F
03-6712-5018
ウェブ予約:https://www.tablecheck.jp/shops/andecle/reserve
http://and-ecle.com/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP