FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION NEWS

前回買い逃したメガネ好きに朗報! アイヴァン 7285の本鼈甲モデル第二弾がスタート

まさに“顔に掛けるロールス”。「大澤鼈甲」が製作する最高級鼈甲メガネが買える!

EYEVAN 7285(アイヴァン 7285)が、“Genuine tortoiseshell”こと本鼈(べっ)甲モデル第二弾のオーダー会を EYEVAN 7285 直営店限定で10月8日(土)から10月31日(月)まで開催。

前回同様、製作するのは鼈甲枠において日本屈指の老舗メーカーであり、鼈甲のことを熟知している「大澤鼈甲」です。

鼈甲の中でも最高級な「白甲」と「黒白甲」を特別に用意

EYEVAN 7285 TOKYOとOSAKAで行われる本鼈甲オーダー会では、前回同様「黒甲」と、一般的な鼈甲柄と呼ばれる柄よりもさらに透明度をもたせ不純物の少ない部分を使用した「茶甲」のオーダーに加えて、「白甲」と「黒白甲」も展開。

「白甲」

「白甲」は、ウミガメ種タイマイの亀の肚に面した淡い黄色の甲羅だけを使用した、鼈甲の中で最も希少価値の高い鼈甲素材で、ヴィンテージの鼈甲からインスピレーションを得た「黒白甲」は、上部に「黒甲」、下部に「白甲」を採用し、熱と水だけで繋ぎ合わせたクラシカルな生地。

「黒白甲」

「黒甲」は、甲羅の中でも黒い部分からしか採れない希少で珍しい色で、「白甲」と組み合わさることで美しさがより一層際立つバイカラーです。

今回のオーダー会では4モデルからチョイスができる!

フレームは、新色に合わせて前回発表したモデル『I』『II』を、より肉厚にボリュームアップさせたモデル『III』『IV』も登場し、全部で4モデルがラインナップ。

レンズシェイプはそのままに鼈甲素材では最厚となる10mm厚の生地を使用した贅沢なモデルは、厚みのあるフロントに合わせテンプルは一からデザインを起こしていて、厚みが増したことで重厚感がありながらも、職人が1本1本丹念に磨きをかけて角を取ることで生まれる柔らかい丸みが特徴です。

蝶番には数十年前に設計され長い間眠っていたヴィンテージパーツの18金蝶番を復刻。金型を一から作製し、7285ロゴを刻印した蝶番はネジも18 金で作製するという贅沢な仕上がり。

見た目の美しさと、肌当たりの良さを重視して、本体同様に鼻パットにも鼈甲を採用。取り付けるクリングスアームもオリジナルの蝶番をチタンで作製するなど、従来の鼈甲枠ではなしえなかった細部に至るまでのこだわった仕様は、アイヴァン 7285のモノづくりにかける情熱が込められています。

こだわりぬいたパーツは外側に一切出さず、内側も表記などを最低限にして、「鼈甲」という天然素材の良さを贅沢に味わい尽くせる、一生もののアイウェア。決してヴィンテージフレームでは見つけることができない、“ネクストヴィンテージ”といえる最高の鼈甲枠と出合えます。

EYEVAN 7285 本鼈甲モデル第二弾
MODEL『Ⅰ』size.44、『II』 size.47
黒甲99万円、茶甲132万円、黒白甲143万円、白甲220万円
MODEL『III』size.43、『IV』 size.46
黒甲110万円、茶甲143万円、黒白甲154万円、白甲242万円

EYEVAN 7285 TOKYO/OSAKA
本鼈甲オーダー会:10月8日(土)~10月31日(月)
※受注生産のため納品まで約3ヵ月
※お客様のヘッドサイズ、テンプル長を計測させていただいた上での受注

【問い合わせ】
EYEVAN 7285 TOKYO
03-3409-7285



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE