FASHION 僕が捨てなかった服

運転の楽しさが段違い!ドライビンググローブをすると感じること。

人生には、どうしても手放せなかった服、そう「捨てなかった服」があります。そんな服にこそ、真の価値を見出せるものではないでしょうか。そこで、この連載では、ファッション業界の先人たちが、人生に於いて「捨てなかった服」を紹介。その人なりのこだわりや良いものを詳らかにし、スタイルのある人物のファッション観に迫ることにします。

したままでページをめくることができる手袋!

ディテールやシルエットを細部まで表現したファッションイラストや ポップで軽妙なキャラクターなどを巧みに描くイラストレーターとして活躍するソリマチアキラさん。オーダースーツを颯爽と着こなすウェルドレッサーとしても有名です。

1950〜60年代のスタイルを愛しながらも時代の空気を捉え、それほど執着せず、着なくなったものは手放してきたと語るソリマチアキラさんが、思い入れが強くて捨てられなかった服を紹介する企画の第10回目は、デンツ(DENTS)のドライビンググローブです。

これも偶然出逢えたんですが、パルコにバセットウォーカーがあった2000年頃に購入しました。

防寒用に使っているペッカリーは好きで茶とグレー、黒も使っているんですが、デンツでディアスキンっていうのが珍しく、見たことないなって。

ちょうどその頃 車を購入したのもありまして、思い切って買ってしまいました。

これに慣れてしまうと、グローブなしで運転するのが不安になるくらいで、つねにはめて運転しています。

結構使い込んでいるので、指先はだいぶ剥げてきていますね。

ライニングにはシルクやカシミアがあるんですが、ノーライニングで指先に伝わる感触を味わっています。

デンツのグローブは、今でも職人が丹精込めて伝統の技法で作っており、縫い目なんかも美しいので気に入っています。

今後も使い込んでいくのでもっと傷んでしまう可能性はありますが、手放すことはできません。

イラストレーター
ソリマチアキラ

東京で生まれた後、新潟に移り住んで 18歳までを過ごす。中学生の頃よりアイビーやプレッピーに触れ、ファッションに傾倒。古着屋や百貨店内のショップスタッフ、バーテンダーなど、さまざまな職種を経験する傍ら、イラストレーターとしての活動をスタートさせ、本業に。雑誌、広告など幅広い分野で活躍。一般社団法人東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。1966年東京生まれ。

Photo:Shimpei Suzuki

Edit:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE