FASHION VIDEO

【全身くまなくチェック!】定番色の色合わせで注意することとは?【ユキちゃんのひとりごと】

今回は大阪からのお届けです。昨日は服作りの勉強を1日かけて行っていたというユキちゃん。依頼を受けた人には完璧な服を作りたいという思いがあり、スタッフの方とともに勉強する中で新しい発見もたくさんあったそうです。いくつになっても学びはありますね。

 

さて、今回は視聴者さんのリクエストより、「スーツの色合わせで相性が悪いNG編」です! 特に気になるのが、定番色のネイビー・グレー・茶色にもNGがあるのか、同系色のトーン同士のNGはあるのかについてですね。

ユキちゃんが熱く語っていたのは「色の調子」についてです。

色系統が違う同系色の色というものがあります。同じネイビーでも、夏紺や鉄紺などいろんなネイビーがあります。具体的には、赤みがかったネイビー、黄みがかったネイビー、緑がかったネイビーです。私たちは普段これらを同系色とまとめがちですが、よーく見てみると違いがあるんだそうです。ユキちゃんはこれを色の「調子」と呼びます。

音楽でも半音違うものが一緒に鳴っていると気持ち悪いですよね。色合わせもそれと同じで、色系統や染め物の原料、色の染め方によってもかなり変わってくるのだそうです。

また、比較的色合わせのしやすいブラウンの場合はネクタイと靴の色をどうするかが大事です。特にスーツと靴でブラウンの系統が違うことがよくありますが、面倒であれば黒い靴の方がおすすめです。

最近は日本でも靴のブラウンのバリエーションが増えてきていますが、靴と靴紐で色の相性があわないものが多いそう。靴紐まで色を見るの!? と驚いてしまいますが、「そういったものもトータルでコーディネイトですから」。全身に気を配るオシャレ、目指していきましょう!

さて、前回のクイズの答えはアザミ(ルリタマアザミ)でした! 今回のクイズも薄い紫のお花ですが、こちらは色の名前にも使われていて、とっても良い匂いのお花です。ぜひ当ててみてくださいね。

それでは明日の動画もお楽しみに!

★YouTubeの チャンネル登録 はこちらからどうぞ!

【FORZAメンバーシップ@YouTube ご案内!】

もっとユキちゃんにファッションを教わりたい! という熱い声にお応えして、「赤峰流」のスペシャル版などを楽しめる会員様限定の動画コンテンツをお届け!

チャットやコメントで使えるオリジナル絵文字も4種類ご用意。リアルタイム視聴やコメントなどで、思う存分に目立っちゃってください。

ここだけの話、メンバーの方には「ユキちゃんのひとりごと」や「編集長のモテコーデ」などの質問コンテンツでの質問採用の優先権も……!?

メンバーになる >

※遷移先で「メンバーになる」が表示されない場合は、PCでアクセスしてみてください。
※「メンバーになる」とは? → コチラをご参照ください。



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 VIDEO

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE