WATCH ― PROMOTION

【アニ散歩特別編☆シチズン】アテッサンポでブラックチタン時計気絶!

2020.6.26 2020.6.26
2020.6.26
 

ブラックチタンとのイイ出逢いを期待して、今回は銀座をアテッ散歩!

sponsored by CITIZEN

古着屋への散歩が すでにライフワークになりつつあるアニキ。古着屋巡りをしているうちに、なんだか最近、国産のヴィンテージ時計にも興味が湧いてきて……。偶然出逢ったのが、旧国鉄が職員たちに支給していたと言われるシチズン製のモデルでした。

そこから いろいろ調べてみると、ヴィンテージのシチズンが良かったのはもちろん、いま展開しているブラックチタンのアテッサが気になり始めてしまい…。今回は、初の旗艦店である「シチズン フラッグシップストア 東京(CITIZEN FLAGSHIP STORE TOKYO)」があるザギンへ アニ散歩。いや、今回はアテッ散歩!

ちなみに、アテッサとはイタリア語で「予感」や「期待」を意味しており、今回の散歩にはイイ予感しかしません。

さて、2017年にギンザ シックスにオープンしたこちらのショップは、交詢社通りと三原通りに面した1階フロアに鎮座。イベントスペースや修理工房も用意され、広さ約300㎡の開放的な店内には世界最大級のコレクションが展開されています。

そんなショップを訪れたアニキは、まずは知識も豊富なブランドのスペシャリスト岡邊さんにご挨拶。早速、気になっているブラックチタンのアテッサについて詳細を求めると、充実したアテッサのシリーズについて丁寧に説明してくださいます。

これらのブラックなモデルは、ただ黒い色が付いているのではなく、デュラテクトDLC(Diamond-Like Carbon)と呼ばれ、非常に硬く、耐摩耗性に優れながら、触り心地が滑らかなコーティングが施されているんです。

アクセントとなったオレンジは、チタニウム加工の工程で高温に熱した時に発する光の色に由来しているんだとか。

ちょっと話を聞いただけで興奮状態のアニキは、2019年にリリースされた新しいアテッサ、ACT Line(アクトライン)「CC3085-51E」の試着を所望。

ボディはすべてチタニウム! さらに、硬度や透明度が高く、劣化もしにくいサファイアガラスを搭載していて、10気圧防水光で発電するタイプのエコ・ドライブを備え、GPS衛星から日付・時間・位置の情報を得ているGPS衛星電波時計なのに、20万円を切るというリーズナブルな価格に、アニキは 即気絶っ!

しかも、実際に腕に付けてみると、見た目からは想像できない、着けているのを忘れるほどの軽さに 再度気絶っ!!

ちなみに、ステンレススチールに比べると約60%程度の重さなんだそうです。

今回はスーツに合わせる時計として購入を検討していましたが、エレガントなのにスポーティなカジュアルな着こなしにもマッチしそうなので、一段と購買意欲が燃え上がります。

高温に熱されたチタニウムのようにアツくアツく燃え上がったアニキの買物魂は、とどまるところを知らず!

2カ国同時に時間を表示でき、国際派?なアニキにも持ってこいなデュアルタイム機能や、クロノグラフ機能が追加された、男ゴコロをくすぐる「CC4004-58E」にもトライ。

どっちも気に入ってしまい、迷いの渦に入り込んだアニキ。

店内のあらゆる鏡とにらめっこを繰り返し、最終的にはなんとか「CC3085-51E」に決断!

シチズン故に「市民グルーヴ」が湧き上がったアニキは、アニ散歩では恒例となったお支払いをカメラO坪ちゃんに委ねて、満足顔でギンザシックスを後にし足早で何処かへ。

急いで追いかけると、今回は結構遠いぞ…。電車に揺られて 辿り着いたのは……

神奈川区子安通の「市民酒蔵諸星」。昭和初期、横浜で独自に誕生した大衆酒場の形態「市民酒場」で、地元民を中心に酒好き達に愛され続けている良店です。

シチズンといえば、市民。そう! そういうことなんです。

すでに馴染みとなったアニキは、お世話になっている諸星さんにビールと煮込みをオーダーし、すでに相棒となった感のある黒アテッサと一緒にグラスを傾け、ぷはっ!

イイ買い物をした満足感と、イイ空間で飲み干すビールの美味さに恍惚の表情。

濃い目の味つけな煮込みに舌鼓を打っていると、なんだか店頭で悩んだ「CC4004-58E」のことが気になってきて……。

ここから先は動画でのお楽しみ! 動画内には、「なぜシチズンというブランド名になったのか?」など、へぇ〜とボタンを押したくなるようなエピソードトークもありますので、ゆっくりと楽しんでみてください。

Video:Naoto Otsubo
Video Edit : Kabuto Ueda
Photo:Shimpei Suzuki
Text:Ryutaro Yanaka

今回アニキが購入した時計
シチズン「アテッサ」CC3085-51E  18万円(税抜)
ケースサイズ:43.5mm/厚み:13.2mm /重量:103g(※重量、厚み、ケースサイズは参考値)/キャリバーNo.:F150/ケース:スーパーチタニウム™/表面処理:デュラテクトDLC (ブラック色)/サファイアガラス(99% クラリティ・コーティング)/衛星電波受信機能/位置情報取得機能/ワールドタイム機能(27都市を含む40時差)/デイ&デイト表示/ライトレベル インディケーター etc

アテッサの新作「ACT Line」は、ビジネススタイルの多様化に合わせて、アクティブに働く男性ビジネスマンにこそ着けて欲しいデザイン。スーツスタイルにもカジュアルにもマッチし、エレガントなのにスポーティな印象です。

ムーブメントには、世界最速レベル最短3秒受信性能を持つCal.F150を搭載(※2015年シチズンは光発電GPS衛星電波時計として世界で初めて、最短3秒の受信を実現しました)。独自のアルゴリズムが可能にした受信スピードと、時針と分針用にそれぞれ専用のモーターを配置しているため、針が瞬時になめらかに回りだし、正確な時刻でピタリと止まって時刻修正を完了させます。

「ブラックチタン™(チタニウム+デュラテクトDLC)」は、一般的なDLC=ダイヤモンドライクカーボン(Diamond-Like Carbon)とは異なり、密着性を向上させ、はがれにくく耐久性にも優れています。

今回アニキが悩んだ時計
シチズン「アテッサ」CC4004-58E  23万円(税抜)
ケースサイズ:44.0mm/厚み:15.1mm /重量:109g(※重量、厚み、ケースサイズは参考値)/キャリバーNo.:F950/ケース:スーパーチタニウム™/表面処理:デュラテクトMRK+DLC (ブラック色) /デュアル球面サファイアガラス(99% クラリティ・コーティング)/衛星電波受信機能/位置情報取得機能/ワールドタイム機能(27都市を含む39時差)/デイ&デイト表示/1/20秒クロノグラフ(24時間計)/アラーム/デュアルタイム機能/ライトレベル インディケーター etc

光発電エコ・ドライブGPS衛星電波時計のムーブメントCal.F950を搭載した「CC4004-58E」。F950は、時刻情報だけならば世界最速レベル「最短3秒」で受信し、メインタイムの時針と分針を従来の2倍の速さで動かし時刻を表示します。

さらに、竜頭のみの簡単操作で、39のタイムゾーンとカレンダーを表示する都市選択ワールドタイム機能や、メインタイムとローカルタイムに設定した2つの都市時刻を同時に表示し、1ステップで入れ替えることができるデュアルタイム機能に加え、1/20秒クロノグラフ機能なども備えたフルスペックモデルです。

文字板はチタニウム素材をイメージした独特の表情が特長です。精悍な顔つきと上品な黒が、大人の魅力を引き立てます。

【今回の散歩店】

シチズン フラッグシップストア 東京
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 1階
03-6263-9987
https://citizen.jp/flagshipstore/index.html

【提供元】 
シチズンお客様時計相談室
0120-78-4807
受付時間:9:30〜17:30 (祝日を除く、月曜日から金曜日まで)
https://citizen.jp/

アテッサ ブランドサイト

市民グルーヴ流れる、アニキおすすめ酒場

市民酒蔵諸星
神奈川県横浜市神奈川区子安通2丁目289
045-441-0840
営業:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休:土曜・日曜・祝日
営業日、時間は変更になる場合がございます。

Author profile

谷中 龍太郎
谷中 龍太郎
Yanaka Ryutaro

FORZA STYLE シニアエディター

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

ランキング

HOT TOPICS

?>