FASHION ― オシャレはセレブに学べ!

【ネクタイ選びで簡単攻略!】
ダブルのストライプスーツを上品に着こなすテクニックとは?

2020.2.16 2020.2.16
2020.2.16
『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、日本人の私たちにも取り入れやすい着こなしやアイテムをご紹介していきます。

パーティシーンなど華やかな場面で、主役を張れるダブルのストライプスーツ。上手く着こなせれば、渋さや貫禄を時短で得られる40男にとっての憧れアイテムですが、インパクトが強い分、着こなしを間違えてしまうと、品を失い派手な印象だけを与えてしまいます。特に、コントラストの強い太めのストライプ柄は、Vゾーンの見せ方に工夫が必要です。今回も、ヨハネス・ヒューブルさまに、誰でも簡単にできる着こなしのテクニックを学びたいと思います。

ブラックドレスのオリヴィア・パレルモを、ダブルのストライプスーツでエスコートするヨハネスさま。貫禄十分なスーツですが、印象を派手にみせないキモはズバリ、ネクタイの選び方に答えがあります。このスーツの場合、ストライプ柄に負けないような派手な柄のネクタイで華やかをプラスしがちです。そうした場合、男性の衣装が目立ち過ぎて、女性をエスコートするにはバランスが悪くみえてしまいます。ここで重要になるのは、コーデの引き算です。

そこで役に立つのが、無地のニットタイ。サテン生地の無地でも良いですが、ニットを選ぶことで、スーツの印象を柔らかくみせる効果があります。ニットタイは、比較的カジュアルに分類されますが、シルク製を選べばフォーマルさを損なうことはありません

パーティーシーンにピッタリなワインカラーを選べば、悪目立ちせず、奥ゆかしい色気を感じられます。大剣の細さは、7〜8cm幅のものが理想的です。スーツのラペル幅や、顔の大きさとのバランスをみて自分に似合うネクタイ幅を選んでみましょう。靴は、黒のストレートチップで、スキなく完璧武装するのも良いですが、こなれた着こなしを楽しみたいなら、コインローファーで、程よくドレスダウンするのがおススメ。ニットタイとの相性も抜群なので、ぜひお試しアレ!

Photo:gettyimages
Text:Satoshi Nakamoto

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.11.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO