FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION オトコを磨く100の方法

ビジネス仕様のリュックがさらに進化。人気継続中の4選!

リュック=スポーティじゃなく、あくまでビジネスとして

オーダースーツが手頃価格で提供されるようになった一方で、もはや定着の様相を見せるコンフォートスーツ。今どき、スーツは背筋を正して着るというより、リラックスして着られるかどうかが基準になっています。ビジネスバッグとしてリュックを選ぶ人が多くなったのが、その証です。

自転車通勤など、健康志向の高まりもあってビジネスリュックが一般化した今。しかし、その選びにはあくまでビジネスの視点が必要です。ポイントはスクエアなフォルムであること。ブリーフケースとしても使えるハイブリッドタイプがそうであるように、たとえリュック持ち一択であってもスクエアフォルムの方がスーツに馴染みます。色はもちろんブラックやネイビーなどのダークカラーで。つまり、スポーティに振り切り過ぎるのはご法度ってこと。昨今は、オンオフ兼用ではなくビジネスユースを前提としたリュックが豊富に揃っているので、あくまでもビジネスに沿ったリュックを選びましょう。

TUMI トゥミ
スクエアをベースに独特な構造で容量アップ

[W30.5×H44.5×D15cm]6万円(税抜)/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)

ビジネスリュックを探すなら、まずはここから。アルファブラヴォコレクションの今季の新スタイル「グラント」バックパックは、バリスティックナイロン×レザーのコンビ使いで、耐久性と上質感を両立。バッグ上部のバックルを外し両サイドに格納すれば、用量を増やすことも可能です。


BRIEFING ブリーフィング
背負うことにも気を配った隙なしリュック

[W33×H50×D12.5cm]4万1000円(税抜)/ブリーフィング(ブリーフィング 表参道ヒルズ店)

あくまでもビジネスユースを想定してデザインされたSQ パック MW WP。書類やノートPCが収納しやすいスクエアフォルムに加え、ジャケットにストレスが掛かりづらい8cmの幅広ストラップも見所です。また生地には防水性の素材を施し、且つ止水ジップを採用しているため、多少の雨は気になりません。


GREGORY グレゴリー
シンプルなフォルムゆえの大容量は出張にも◎

[W28×H43×D18cm]2万1000円(税抜)/グレゴリー(サムソナイト・ジャパン)

ビジネスユースを想定したカバートミッションデイ。スクエアフォルムに大容量のフロントポケット、もちろんPCスリーブも完備。そのPCスリーブには止水ジップを採用し、さらにケーブル等を収納するのに便利なコンパクトなポーチ付きなど、短期出張でも重宝しそうです。


Felisi フェリージ
ここらしい上質感は、むしろブリーフ以上にビズ顔

[W30×H40×D12.5cm]9万2000円(税抜)/フェリージ(フィーゴ)

光沢ナイロンとレザーのコンビ使いという、ここの十八番を踏襲したリュックサックモデル。シルキーなナイロンは、スポーティというよりもむしろエレガントです。スクエアフォルムに加えて、ぐるりと外周を周るジップが中身の取り出しを容易に。シンプルなようで、実に計算されています。

Photo:Yoshihiro kamiya
Styling:Takahiro Takashio
Model : Isao Takahashi(FORZAR)
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910
トゥミ・カスタマーセンター 0120-006-267
フィーゴ 03-5772-8348
ブリーフィング 表参道ヒルズ店 03-6459-2448
オメガお客様センター 03-5952-4400
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


あなたにオススメ


連載 オトコを磨く100の方法

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE