CAR ― VIDEO

最良の癒し系、『シトロエンC6』が欲しいのだ!

2019.12.7 2019.12.7
2019.12.7
 

「シャッチョー、マッサージイクネ!」とお姉さん。よくある光景ですが、中年の癒やしは歓楽街にはありません。

気温の低下とともに苦痛を訴える、古傷の数々。

中年ってメンドクサイですね。オギーは冬になると「腰痛が……」とグチります。

ならば癒し系中古車がよろしいかと存じます。

特効薬は『シトロエンC6』と出ました。

その乗り心地は“魔法のカーペット”と評されるほどですから。

しかし、残念ながら正規ディーラー車は2010年に輸入中止。日本仕様は3LのV6ガソリンエンジン搭載の最上級モデルで、国内販売数は約600台。ボディサイズは全長4,910×全幅1,860×全高1,465mmほど。中古車選びはまずココが基本となります。

でもね。好事魔多しと申しますか、並行輸入というカタチでこの『シトロエンC6』のバリエーション違いが日本に上陸しています。欧州ではディーゼルが主流。2.2L直4、2.7LのV6→MCで3LのV6(ともにツインターボ)がございます。

今回出会った物件は、2012年最終モデルのV6ディーゼル搭載車。最高出力は240馬力超えで最高速度は235km/h、0-100 km/h加速8.5秒というスペックです。中年としては申し分のない悶絶級の性能ですが、オギーの腰痛に「ハイドラクティブⅢプラス」という同社独自のサスペンション機構の効果はいかに!

取材店は過去に『ランチア・デルタHFインテグラーレ』探しでお世話になった、ラテン系得意の東京・世田谷区の『コレツィオーネ』さん。代表の成瀬さんにガソリンvsディーゼル比較など、効能を含めイロイロとご解説いただきました。

取材後は、銀ちゃん&ヴァルちゃんがお出迎えしてくれる癒し系の『ことり珈琲店』へ。真心こもるその美味しさに、今日も中古車談義は尽きません。

【車両に関する問い合わせ】
コレツィオーネ
http://www.collezione.co.jp/

【撮影協力】
ことり珈琲店
https://www.instagram.com/kotori_koohiiten/

Text:Seiichi Norishige(中年B)
Video:Shingo Takeda / Akira Sekizawa

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Norishige Seiichi

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

KEYWORDS
クルマ

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.6.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO