TRAVEL ― 憧れのあの船

いつか乗りたい憧れのあの船

第16回 オーシャニアクルーズのインシグニア

2019.8.6 2019.8.6
2019.8.6

グルメと食いしん坊はここに集まれ! 人気の船が真新しくなって再デビュー!

40代におすすめする旅のスタイルとして提案したいのが、干場編集長も大好きな「船旅」。このコーナーでは、ぜひ一度は乗ってもらいたい魅力的な客船を紹介していきます! 今回は、美食のクルーズラインと誉れ高いオーシャニアクルーズのインシグニアです。

クルーズの楽しみといえばなんだと思いますか? 寄港地での観光? それはたしかに、そうですよね。カジノなどの船内のアミューズメント施設? なるほど、そういう人もいるでしょう。まあ、いろいろな意見があるとは思いますが、食いしん坊の私としては、「食」こそが、クルーズでの大きな楽しみのひとつと断言します!

おいしい食事に慣れた日本人です、行く国によっては、現地の食事が口に合わない場合もあったりするものです。食べるものがない……そんなふうでは、大変つまらない旅になってしまいますよね。でも、クルーズでの旅ならそんな心配はありません。ひとたび船に戻れば、いつだって私たち日本人にも合う食事を楽しむことができるのですから。


乗ったらぜひ食べたいステーキ!

ヘルシーメニューも充実しています!!

といった具合に、クルーズにとって「食」はかなり重要なテーマであります。当然、各クルーズ会社、とても力を入れているポイントのひとつですが、その中でも、「食」にめちゃくちゃこだわったクルーズ会社があります。それが、海の上で最高級の食を提供するクルーズラインとして名高い、オーシャニアクルーズです。

同社は、アメリカのマイアミに本社を置く、世界3大クルーズ・グループのひとつ、ノルウェージャンクルーズライン・ホールディングス(NCLH)の一ブランドで、2002年、「新しい形のラグジュアリークルーズ」を目指し、ルーズ業界に精通したフランク・デル・リオ、ジョー・ワッター、ボブ・ビンダーによって設立されました。

その最大の特徴は、世界トップクラスの美食が楽しめる船ということ。これはグルメ、食いしん坊にとっては、楽しいクルーズが保証されたようなものですね!

そんなオーシャニアですが、現在、6隻の船を所有しています。なかでも人気の高い船が、今回ご紹介するインシグニアです。


こちらがインシグニアの船内です。豪華なシャンデリアがラグジュアリーな旅にいざなってくれます!

世界一周クルーズをはじめ、北米、カリブなどを旅するインシグニアは、1998年にデビューしました。総トン数3万277トン、全長180.5メートル、最大船幅25.73メートルの中型の船になります。最大乗客数が684名に対して、乗組員の数は400名、乗客とスタッフの比率が1.71対1になります。スタッフが多ければ、ひとりの乗客に対してより、細かなケアができますので、この数字は、とても高いホスピタリティーを持った船ということがおわかりいただけるかと思います。

近年、総予算1億ドルを投資して、それぞれの船に改修を順次進めているオーシャニア クルーズですが、インシグニアは、その先陣を切ってリニューアルをスタート。昨年12月に改修が完了した再デビューしたての船なのです!(パチパチ)

生まれ変わったインシグニアは、メニューの再構成、パブリックスペースやレストラン、ラウンジの家具の調度から照明などまで、海を思わせるカラーパレットで刷新。客室の装いも新たにするなど、さまざまな面でリニューアルが施されました。


パブリックスペースであるグランドホールも生まれ変わりました!

こちらはステートルーム。白ベースの部屋は涼しげで暑い季節はとくにいいですね!

さて、それでは、気になるレストランを見ていきましょう。
ヨーロッパスタイルの料理を提供する「グランド ダイニングルーム」は、ハイセンスでウッディな内装、最高級デザイナーブランドのファブリック類、ゆったりサイズのアームチェアがリッチな気分にさせてくれる人気のレストラン。味にもこだわったキャニオンランチのシグネチャーディッシュやグルメなビーガンのためのメニューなど、健康志向の方にも対応してくれます。


広々としたダイニングエリアにはクラシカルで壮麗な雰囲気が漂っています。

「トスカーナ」は、トスカーナ地方の家庭料理が楽しめるイタリアンレストラン。その料理は、なんとヴェルサーチの特注食器に盛りつけられて出てくるとか!
「ポログリル」は定番中の定番ステーキハウス。日本では立ち食いステーキ店が人気を集め、ステーキがより気軽なメニューになりましたが、船の上なら料金も気にせず好きなだけ、食べることができます!もちろんお肉以外にも、ロブスターなどのシーフードも用意されています。
ランチメニューが充実している「ウェーブズグリル」は、40代の多くが大好きなアメリカンスタイルの味が楽しめます。神戸牛を使用した焼きたてのハンバーガーの味をぜひ!
朝は居心地のよいコーヒーバー「バリスタス」で、「イリー」のエスプレッソ、カプチーノ、ラッテをペストリーやサンドイッチと一緒にいかがでしょうか?
そのほか、個性あふれるバーが5つあるので、昼からお酒を飲むのもまたよし! ですね。


神戸ビーフを使ったラグジュアリーなハンバーガー、食べてみたいですね!

4月からは植物由来食材ベースのメニューもスタート。200を超える新たなヘルシーメニューを提供してくれるとか!

イタリアには、「Corpo satollo, anima consolata」ということわざがあるそうです。これは「体が満たされると心も満足する」という意味だそうですが、食こそ体を満たす源! おいしい食事を気絶するほど楽しめるオーシャニア クルーズの旅は、心も満足させる旅を約束します。オススメです!

Text:Koichi Fujimoto(KAIHATU-SHA)
Photo:OCEANIA CRUSES


料金例
インシグニアで行く南国のバカンス7日間の旅
2019年11月16日~11月23日/フロリダ州マイアミ(米国)~フロリダ海峡クルージング~コスタマヤ(メキシコ)~ハーベスト ケイ(ベリーズ)~ロアタン(ホンジュラス)~コスメル(メキシコ)~フロリダ海峡クルージング~フロリダ州マイアミ(米国)
料金:$4,499~(今なら割引で$1,099~購入可能)

【問い合わせ】

予約・詳細はお近くの旅行代理店またはホームページより。
https://jp.oceaniacruises.com/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.9.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO