FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

リアルに使えるデイパックの理想形

2019.3.15 2019.3.15
2019.3.15
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

今も変わらない、いや変わる必要がないんです

第130回目は、ケルティのデイパックです。

各[W33×H48×D18cm]左:1万3000円、右:9800円(ともに税抜)/ケルティ(アリガインターナショナル)

スポーツやアウトドアといったキーワードがトレンドを牽引する昨今。デイパック市場もそれにあやかり、今ではビジネスにおいてもその存在感を強めています。それにより、デイパックの本場アメリカブランドも活況ですが、とはいえその源流を辿れば本質的に優れたデイパックは絞られます。その一つとして名が挙がるのが、ケルティです。

1952年に創業したケルティ。ナイロンバッグにアルミフレームを組み合わせた画期的な構造が話題を集めた同ブランドは、1970年代に今尚名作として展開され続けているデイパックを生み出します。

これは、日帰り登山向けに開発されたもので、荷物をパンパンに収納する必要がないことから、上部のマチが窄んだおにぎり型を採用しているのが特徴。底部にはスエード補強が施されるといった頑強な作りも広く信頼を獲得し、ケルティは後にアメリカ軍へバッグを供給するまでに成長します。その実用的にして効率的なデザインは、創業者ディック・ケルティが元々建築家であったと聞けば納得ですね。

外装こそレトロなベーシック顔ですが、オーガナイザーは意外にも充実。ジップポケット、オープンポケット、ペン差し、そしてメッシュポケットと、日常使いには十分な収納性を誇ります。
今どきのトレンドに合わせてモダナイズするブランドも多い中、ケルティは比較的昔ながらを堅持しています。とはいえ、こんなコーデュラナイロンを採用したバイカラーなら、洗練された都会感も楽しめます。[W33×H48×D18cm]1万1000円(税抜)/ケルティ(アリガインターナショナル)

良い物は、時代が変わってもその魅力が色褪せない。ケルティに対する評価は、まさしくそんなところかと。リアルに20代から60代まで愛用されているブランドなんて、そうそうありませんからね。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
アリガインターナショナル
03-6659-4126
http://www.kelty.co.jp/

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.8.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO