FASHION ― 干場と部員のTopPick!【おススメの気絶】

【初出勤の足取り、フェザー級に】究極のブーツで仕事運アップを狙え!

2019.1.3 2019.1.3
2019.1.3
モノも情報も溢れている時代、「何をどう選んでいいかわからない」「欲しいものがほしい」。そんな悩みをお持ちのダンナに、「もれなく気絶」していただけるアイテムを干場編集長とFORZAエディター陣が厳選。ゲットするか否かは、ダンナ次第です。

靴底に施された美しいブルーの色づけにくぎづけ

正月気分から一転、そろそろ初出勤に向けて準備し始める頃ですね。しかし、のんびりと家で過ごしていると、なかなかやる気が上がってこないですよね…。そんな時は、ミスチルの「足音 ~Be Strong」という曲を聞いてみてください! 冒頭の歌詞で、「新しい靴を履いた日は、それだけで世界が違って見えた」とあります。

そう、新年のスタートダッシュをかまし、仕事を頑張るためには、まず靴を新調するのが一番!せっかく狙うなら長く使える本格的なドレスシューズが欲しい所。オン、オフ共に履けて、流行に左右されない普遍的なデザインを狙えば、予算が少々高くとも奥さまに許してもらえる可能性が広がります。それを踏まえて、今回FORZA STYLEが大プッシュするのが、カルマンソロジーのサイドゴアブーツです!

ブーツ 11万円(税抜)/カルマンソロジー

日本人が作る最高峰の既製靴と称されるカルマンソロジー。クラシカルなデザインを踏襲しながら、絶妙な塩梅のアレンジを加えることでオリジナリティーを獲得する唯一無二なブランドです。

カルマンソロジーの魅力は、日本人の足にフィットするラスト(木型)作りにあります。特にサイドゴアブーツは、紐で微調整ができないため履き心地を支えるのは、ラスト(木型)が命。日本人の足の形は甲高横広が多く、そのまま靴にすると野暮ったくなりがちなのですが、ミリ単位の調整にこだわることで、ご覧のとおり高級感溢れるスタイリッシュな仕上げになるのです。

靴裏は、ウェルト部分を一切見せないようにしたこだわりのチャネル仕上げ。削れ防止のために施された真鍮製のオリジナルスチール。そして、ブランドを象徴するアートのように美しいブルーの色づけに気絶&昇天。この見えない部分にこだわる美意識の高さが足に連結して、履くだけで背筋が伸びるのです。スーツはもちろん、ジャケパンスタイルやデニムカジュアルコーデもOK。こんな素敵なブーツを手に入れたら、間違いなくテンション上がるはず!

カルマンソロジーで、気持ちを新たに仕事頑張りましょう!

Photo:Shimpei Suzuki
Text:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
カルマンソロジー
http://calmanthology.com/
 

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

KEYWORDS
革靴

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.4.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO