FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

【まるでハダカ!?】着ていることを忘れるほどの極上ニット

2018.10.2 2018.10.2
2018.10.2
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

最高峰の素材と編みは、先端素材を超える!

第83回目は、クルチアーニのハイゲージニットです。

11万2000円(税抜)/クルチアーニ(ストラスブルゴ)

ここのカシミアハイゲージニットを、休日にさらりと気兼ねなく着られるようになれたら・・・。それには、コーヒーぐらいこぼしても慌てない、懐深さがなければなりません。だって、こんなに滑らかで柔らかなニットを纏うのですから、所作もエレガントでなくっちゃ。

ブランドとしては1992年にスタートしたクルチアーニですが、同ブランドを展開するマリタル社は、1966年にイタリア・ペルージャでニットメーカーとして創業。つまり、ニットウェアにおいては半世紀以上の歴史があるのです。

クルチアーニの魅力は、紡績から仕上げまで一貫して自社で行なっていること。正確には、母体となるマリタル社が属する一大グループの傘下に、カシミア糸製造からニット染色まで揃っているという仕組みなのですが、特に注目は、カシミア糸における世界最高峰と称されるカリアッジ社の存在。クルチアーニのカシミアニットには、ここの糸が供給されています。

内モンゴル産の極繊細なカシミアがもたらすのは、着ていることさえ忘れるほどの柔らかさ。今回ご紹介するハイゲージニットは、まさにその最高峰といえる1枚です。

最高級カシミアをふんだんに使い、それを27ゲージで編み上げることで、極上の肌触りに。これ、思わず素肌に着たくなります。素材の素晴らしさだけでなく、ここまで美しく繊細に編み上げる技術も、ここの見どころです。
こちらは、クルーネックと同素材&同ゲージを採用したモックネック。ともにクルチアーニショップ限定のアイテムとなります。11万8000円(税抜)/クルチアーニ(ストラスブルゴ)

無地のハイゲージニットは、極々シンプルなアイテム。派手さはありませんが、クルチアーニのカシミアハイゲージニットの上質さは、実に雄弁です。どんなにハイテク素材が進化しようと、この極上感を再現するのは難しいでしょう。


Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ストラスブルゴ
0120-383-563
https://strasburgo.co.jp/

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.9.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO