FASHION ― 干場と部員のTopPick!【おススメの気絶】

【船旅を極める干場が厳選】一生着られる極上の船旅ジャケット

2018.6.2 2018.6.2
2018.6.2
モノも情報も溢れている時代、「何をどう選んでいいかわからない」「欲しいものがほしい」。そんな悩みをお持ちのダンナに、「もれなく気絶」していただけるアイテムを干場編集長とFORZAエディター陣が厳選。ゲットするか否かは、ダンナ次第です。

旅先の急な悪天候に対応 ロロ・ピアーナのレインシステム®加工とインナーダウン

1年中ほとんどの時間を仕事に費やす干場編集長が、1度は必ず出かけるというクルーズ旅行。船旅のスタイルには、流行もいらなければ、ワードローブも必要最低限で良いんです。

例えば、昼間ならシンプルな白いスニーカー、細過ぎない白いショートパンツ、黒や紺のTシャツ、黒のツヤ消しのレイバン"ウェイファーラー"、防水機能の高いラバーストラップの腕時計。機能さを重視した無駄のないシンプルなアイテムと、自然に溶け込む色使いによって、絵になる船旅スタイルが完成するのです。

そんなクルーズをこよなく愛する干場編集長が旅のワードローブとして欠かすことができないのが、イタリアを代表するラグジュアリーブランド、ロロ・ピアーナのアイテムたち。

ジャケット 38万1,000円(税抜)/ロロ・ピアーナ

中でも、機能的に優れたネイビージャケットは流行も年齢も関係なく使える究極の逸品。ロロ・ピアーナを代表する17.5ミクロン(120’s)の強力糸を使ったジランダー®・ウール素材を使用することで、しわになりにくく、耐久性も抜群。まるで、クレープのような柔らかく滑らかな手触りは、羽織るだけでリラックスできます。レインシステム®加工による撥水性によって、旅先での小雨にも対応できます。

チューブ状のテクニカル・ファブリックにグースダウンの中綿入り。

また、向かう先々で気候が異なるクルーズは、温度調整も大切になります。ジャケットの内側にグーズダウンの中綿を装備することで、急な温度変化にも対応ができるというのが最大のキモ。もちろん、取り外しも簡単なので、通常のジャケットとしても活用できます。ラグジュアリー&スポーツを極めるロロ・ピアーナらしい発想に脱帽です。

こうした実用的かつ上質なネイビージャケットを1着用意しておくことで、船旅ワードローブをミニマムに抑えられます。インナーは、シャツやサマーニットはもちろん、白Tシャツでも十分サマになります。もちろん、旅行だけに関わらず、仕事や日常使いもOK! 流行を意識せず、良質なものを1着ずつ大切に揃えていきたい。そんな皆様のワードローブにぜひ加えて欲しい1着です。

Photo:Shimpei Suzuki
Model,Text:Satoshi Nakamoto

 

【問い合わせ】
ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店
03-3572-0303
www.loropiana.com

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.8.8 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO