TOP > COLUMN > 干場の「エコラグ」
FASHION ー エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

【営業マン必見】スニーカーの履き心地でビジネスシーンで映える、究極の革靴とは?

2017.10.11
2017.10.11

厚底・コバ張りにアレンジ可能になりました!

何度も取り上げていますが、改めて「WH(ダブルエイチ)」です。これは数々の名靴を世に送り出してきたシューズデザイナーの坪内浩さんと僕のコラボレーションで誕生したジャパンメイドの靴ブランド。僕もイギリス、イタリア、ドイツ、ポルトガル、アメリカなど、いろんな国の靴を履いてきましたが、WHはそんな世界のいいものを踏襲しながら、どこの国のテイストにも属さないもの、そして“東京発の靴を世界へ”届けたいという思いでつくりました。

見た目のスマートさだけではなく、長時間、履いても疲れにくいスニーカーを意識して、中敷きにはカップインソールを入れるなど、さまざまな工夫を施しています。

おかげさまで、皆さんにご好評いただき、なんとこのたび「タカシマヤ スタイルオーダー サロン」でパターンオーダーのサービスを開始することに! 本当、うれしい限りです。

素材は、フランスのアノネイ社のシボを型押ししたカーフや、イギリスのチャールズ・Fステッドのスウェードなど、世界各国の一流タンナーによるものを取り揃えており、アンティークカーフなどもラインナップ。自分好みの一足に仕上げることができます。ディテールの変更も可能なので、ここでは僕のとっておきのアレンジをご紹介します。

僕は、自分のかかわらせてもらった商品を、自分でも必ず使ってみるのが信条でして、WHの靴もお気に入りのパンツと合わせて、履き心地だけでなく、全身鏡で見たときのバランスやディテールをいつもチェックしています。で、気がついたことがあれば、欠かさずメモする習慣があるんですが、最近のコーディネートだと、もう少しソールの厚みやコバの張り出しがあってもいいかなと思っていたんです。それで、坪内さんに相談してつくったのがこれでした。通常よりソールを3ミリ厚く、コバも張り出しを3ミリ大きくしました(※こちらのアレンジは、タカシマヤスタイルオーダーサロンでの取り扱いはありません)。

でも、技術的にはこれがかなり難しいらしく、コバは厚みが増すほど、革の加工が難しいとの回答。当初は、製品化は困難だと言われていたんですが、まずは自分用のサンプルにと特別に製作してもらったんです。それが今回のタカシマヤ スタイルオーダー サロンのオーダーでは、こんなアレンジも可能になったんです!

※タッセルローファーのアレンジは、タカシマヤスタイルオーダーサロンでの取り扱いはありません。

来年の春には、既製品でもこの厚底、コバ張りモデルが登場予定。ぜひみなさん、楽しみにしていてくださいね。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia

「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO