TOP > BLOG > BLOG

"こじラグ"ヤナカの 無粋ダイアリー「美味しい てんぷら食べたくなったら……」

2017.9.18

こんな仕事をしていると 移動が重なることも多く ランチの時間内に ごはんを食べ損ねるなんて しょっちゅう…。そして、休日はノンビリと目を覚ましてダラダラと過ごすので キッチリお昼どきにランチするのは難しく、通しで営業している飲食店には ホントに助けられます。

ただ ご覧の通り 食に対して結構なこだわりがあるもんだから クセが悪い。食べられるなら どこでもイイってわけではなく きちんと美味しいモノを食べたい!

となると 重宝するのがデパート内のレストランフロアや イートイン スペースだったりするんです。

なんとなくエリアごとに「ココだったら あの店の何々」みたいな脳内リストがありまして。なかでも最近リストが豊富になり よく食事してるのは日本橋界隈なんです。

ある日は ぼんやりと"天丼"が食べたくなって アタマに思い浮かんだのは 故池波正太郎氏が愛した あのてんぷら屋さん。本店や最近オープンしたギンザ シックスのお店なんかは 15:00にはランチが終了してしまうんですが、日本橋三越 地下のイートインスペースは通しで営業しているので フラフラと向かってみる。

まずは エビスの小瓶を頼み メニューと にらめっこしながら ぷはっ

小さなグラスに注いでは 冷たいうちに飲み干す。喉が潤ったら すぐにオーダーし、手際良く揚げる板さんを眺めつつ 丼がやってくるのを気長に待ちます。

すると、ドーン!

香ばしい ごま油の香りに包まれた 季節のおすすめ天丼が目の前に。今の季節だと、舞茸やエリンギなどのキノコと、銀杏、そして池波氏もお気に入りだったというアスパラガス。そこにメインとなる海老が2尾と プリップリなイカが美しく盛られてきます。

じつは 甲殻類、とくに海老は喜んで食べないんですが 此方のてんぷらの場合は別。あの気になる独特な臭みを感じることが一切なく とにかく美味しくて あっという間に食べ尽くしてしまいます。

もちろん、他のタネも火入れは完璧! そして、衣も薄くて軽いので、サクサク食べられちゃいます。

ランチにしては ちょっと高額ではありますが、一度食べたらきっと納得できるはずですし、またすぐに来たくなってしまうほど。

あぁ〜、天丼 美味いっ!

 

えっ? お店の名前?? それは、また別の機会にでも。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO