TOP > COLUMN > 林信朗の「お洒落偉人に学べ!」
FASHION ー 林 信朗の「お洒落偉人に学べ!」

服飾評論家 林信朗の「お洒落偉人に学べ!」

意外なウラの顔もたっぷり! ウィンザー公ってどんな人?

2017.3.17
2017.3.17

お坊ちゃんだったが故、ウォリスとの出会いで人生が流転…

"世界には想像の遥か上を行く、お洒落な偉人たちがいた"。彼らのスタイルや生き方を学ぶことこそ、スマフォー(スマートな40代)への近道と考えた編集部員たちは『MEN'S CLUB』『Gentry』『DORSO』など、数々のファッション誌の編集長を歴任した大先輩である服飾評論家 林 信朗氏を訪ね、教えを乞うことに。新連載二回目は、イタリア人でも憧れる英国ファッションのアイコン、ウインザー公についてたずねます。

 

ヤナカ:う~ん、ウインザー公のお洒落力、ちょっと圧倒されちゃいますねえ。まさにお洒落に生きた人生、そういう感じがしますよ。だってカッコ悪いウインザーの写真って一枚もないですものね。

©gettyimages

林:とくに王子時代は、服に国家予算をふんだんにつかえたわけだし(笑)、従者たちもそのためにとにかく懸命に働いたんでしょうね。

ヤナカ:でもね、先輩、いつだったか先輩がオススメになっていたNetflixの「ザ・クラウン」のシーズン1をぼくも観たんですが、退位してからのウインザー公のことを好意的には描いていませんね。悪巧みをしたり、お金にも困っていたというか、年金の額を増やせとか(笑)、わりとセコイ話がでてきたり。

林:ははは、あったね。取材でもお金とるとかね(笑)。でもね、そのあたりを知るのも大切なんだよ。たとえば、英国人とウインザーについて話す場合も、ファッション以外については、けっこう微妙だよ。ひとつには、政治的に、ウインザーはナチシンパ、ヒトラーシンパだと存命時から思われていたというのがあるね。

©gettyimages

ヤナカ:そりゃあ、ヤバイんじゃないですか(笑)。

林:ヤバイ、ヤバイ。英国にとって第二次世界大戦最大の敵ですからね。

ヤナカ:それがまたどうして? ハニートラップとか(笑)。

林:もともとウインザー家というのは、ハノーヴァー・サクス・コバーグ・ゴータ家というのが本名なんだ。英国っぽい名前じゃないでしょ? おじいちゃんであるエドワード7世から始まったドイツ系の王朝なんです。エドワード7世のお父さんのアルバートも、お母さんのヴィクトリア女王もドイツ系だから。だけどあまりにドイツっぽいからって名前を変えたわけ。その間もドイツは敵だったり味方だったりしたけれど、ウインザー公は基本的にドイツ贔屓、それがまずかった。

ヤナカ:まさかドイツと通じていたとか……?

林:そう思われてもしかたがないんだよ。なにしろ1937年、英国王を一年足らずで退位した翌年ですね、ウインザー公とシンプソン夫人はだなあ、あ、もうシンプソン夫人はおかしいな、ウォリスは、非公式ではあるがドイツを訪問、大歓迎を受け、ヒトラーと仲良く記念写真におさまっている。英国王室に徹底的に嫌われたシンプソン夫人もドイツに暖かく迎えられて舞い上がっちゃったんじゃないか。しかも、ウォリスは、駐英ドイツ大使で、後にナチス政権の外務大臣になったリッベントロップとデキていた。性的な関係もあったのです。だから、あなたハニートラップってさっき言ったけど、逆ハニートラップですよ。

ヤナカ:凄まじいダークヒストリーですね!

林:ヒトラーは、どうやら、この二人を利用しようとしたんだね。戦況がドイツ寄りになったら、ウインザーを王にもどし、英国を間接支配しようと。この事実ね、王室の人間がヒトラーの陰謀に加担していたというのは、ほんとにまずいから、戦後チャーチルはこのあたりの情報をすべて隠蔽するんだが、結局ひとの口に戸はたてられない。現在の英国のメディアには、ナチシンパ・ウインザーの話は数限りなく出回ってるんだよね。

日の名残り (ハヤカワepi文庫) カズオ イシグロ著 amazon

ヤナカ:なんだかカズオ・イシグロの『日の名残り』にでてくるあのドイツと宥和しようとする貴族のようですね。ちょっと悲しいなあ。

林:どうだろうね、ウインザーは、甘やかされて育ったお坊ちゃんだから、悪気はないでしょう。ウォリスとの出会いが彼の人生を狂わせたような気もするな。

©gettyimages

ヤナカ:先輩、こういっちゃなんですけど、ウォリスって、プレイボーイのウインザーが夢中になるほどの美人ですか? 

林:いやあ、ごらんのとおり、特別美人というわけでもないでしょう。スタイルだって欧米の感覚からすれば貧弱だよな。服やアクセサリー、インテリアなどのセンスは天下一品ではあるが。

©gettyimages

ヤナカ:そういうセンスや趣味的なところがウインザーと気があった、と見るべきですかね。

林:それもあるだろう。二度の離婚など人生経験豊富だから、ウインザーの相談にもいろいろのってあげたんでしょう。でもね、ベッドのほうでもウォリスはたいへんなものだったとチャールズ・ハイアムという作家が書いているんだよ。若いころ香港の娼館で男として自信のない男性をリラックスさせ、喜ばせるテクニックを体得したのだと。ウインザーはモテるのは最高にモテるんだけど、そちらの方面ではコンプレックスがあったらしいから、ふたりはうまくいったんだろうね。

©gettyimages

ヤナカ:それだったら別れられないですよね。王位を捨ててまで彼女を選んだ理由、なんとなく理解できるような気がします。

林:いや、もちろんウインザーは退位なんかしたくなかったんだよ。ウォリスもものすごい上昇志向の女性だから、なにがなんでも英国王室に入りたかった。だけど、王室も、英国教会も、政府もそれだけはゆるさなかったわけだよ。ヤナカ君も観た『ザ・クラウン』では、退位してパリ郊外に住んでいるウインザー公夫妻が登場するんだが、あの二人の王室への恨み節がアチコチにでてくるでしょう? 

©gettyimages

ヤナカ:はい。王室は王室で、この夫婦が悪しき前例をつくり、王室を傷つけたという恨みがあるから、できるだけ避けよう避けようとしているというか。

林:まあ、それでもウインザーは死ぬまで好きな女性と過ごせたわけだし。シンプソン夫人も好きなファッションや社交の世界で、驚くほどスタイリッシュな生活をしてたわけだからね。

ヤナカ:ほんとだ、すごくお洒落な家ですね。適度に英国っぽくって。

『The Windsor Style』Suzy Menkes著 amazon

林:そう、これはスージー・メンケスというファッションジャーナリストの”The Windsor Style”という本だよ。ウォリスのスタイルブックと言ってもいいかな。もちろんウインザーのファッションについても詳しく書かれているよ。

©gettyimages

ヤナカ:ぼくがまとめるのはヘンかもしれませんが(笑)、パリでこんなお洒落な生活ができるなら、いいじゃないですか。歴史的にみても、ウインザーさんがヒトラーのスパイになって連合国側の情報を漏らしてもらったら困るし(笑)、国王にはマジメな弟のほうが適任だったようですし。

林:そこらへんはね、『英国王のスピーチ』と『クイーン』という映画もセットで観るといいよ。英国王室の近代史が見事に集約されているからね。

Text:Shinro Hayashi
Portrait:Tatsuya Hamamura
Edit:Ryutaro Yanaka

林 信朗
服飾評論家
『MEN'S CLUB』『Gentry』『DORSO』など、数々のファッション誌の編集長を歴任した後、フリーの服飾評論家に。メンズファッションへの造詣の深さはファッション業界随一。ダンディを地で行く大先輩。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO