TOP > COLUMN > 干場の「エコラグ」
FASHION ー エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

第154回 KITON(キートン)のジャケット

2017.2.15
2017.2.15

ナポリの伝統技術をビキューナで体験

このジャケットを買ったのは7年ほど前。確か、『OCEANS』編集部を辞めるころだったと思います。当時、『LEON』編集部に在籍していたときにお世話になった岸田一郎さんが、動画を中心に配信するウェブメディア『LUXURY TV』の製作指揮をしていて、そのコンテンツのひとつとして依頼されたのがきっかけでした。いま、『FORZA STYLE』で連載している“自腹買い”の原型になった企画ですね。

KITON(キートン)はまだ購入経験がなかったので、試しにと思って連絡してみたら、近く本国から職人が来日してオーダー会を開催するとの情報をゲット。そうなると、やっぱりナポリの伝統技術を味わいたくなるじゃないですか。しかも、エクスクルーシブ ファブリックによる最高級のコレクションだというし。KITON(キートン)の日本エージェントを務めるリデア カンパニーリミテッドの田島淳滋社長からの“せっかくなのでよいものを”というアドバイスにも背中を押されました。

白とネイビーが基調のヘリンボーン生地ですが、これはかなり奮発しました。100%ビキューナです。皆さん、ご存じだと思いますが、ビキューナの毛は非常に細くて柔らかく、高級感溢れる独特の光沢をもっています。生産量はとても少量で、加工生産が許可されている企業もごくわずか。“国際希少野生動物”に指定されているので、このジャケットには財団法人 自然環境研究センターが発行する「国際希少野生動物種登録票」が付いています。それゆえ、ヘリンボーン生地とはいっても英国調のカントリーのような雰囲気ではなく、イタリアらしいエレガントで色気のある仕上がりです。

段返り3ボタン、2パッチのデザインですが、基本的にほぼお任せ。出来上がった一着は、袖を通した瞬間にわかる圧倒的な軽さがあります。それとKITON(キートン)の服特有の柔らかさとドレープの美しさも特筆ものです。身体のラインをすごくきれいに表現してくれるんですよ。そのひとつひとつが職人の手でつくり出されているんですから、これはオーダーした甲斐がありました。このジャケットには白のタートルかシャツ、ブルージーンズを合わせるスタイルが気に入っています。

余談なのですが、実は最初に完成したジャケットを宅配便で送っていただいたときに、木製ハンガーに掛かっていた肩の部分が破けていたんです。生地が柔らかすぎたんでしょうね。それでつくり直しになって届いたのがその1年後。そんなエピソードもいまではいい思い出になっています。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:FORZA STYLE

エコラグ-Hoshipedia
「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO