Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

大人の色気は知性と野心で匂い立つ、格上げライフはスポーツ性がキメ手

2016.7.9
2016.7.9

アウディRSシリーズをさらに強化

アウディのラインナップに最強のスポーツグレード「RS performance」が加わります。つまり、スタンダード<S<RS<RS performanceという構図に。

Audi RS 6 Avant performance
▲拡大画像表示
Audi RS 6 Avant performance
▲拡大画像表示

無論、ベースモデルのキャラクターにより設定の有無はありますが、現時点で発表されているのはスタイリッシュなクーペフォルムの4ドア車である「RS7スポーツバック」、最上級スポーツワゴンの「RS6アバント」、俊足SUVの「RS Q3」の3モデルに「RS performance」を設定。8月下旬から発売となります。

Audi RS 7 Sportback performance
▲拡大画像表示
Audi RS 7 Sportback performance
▲拡大画像表示

車名の通りパフォーマンスは飛びきりでエンジンやサスペンション、内外装もよりスペシャルなモディファイが加えられています。開発はアウディのモータースポーツ活動を担うグループ傘下のquattro GmbH。

ベースとなる「RS7スポーツバック」と「RS6アバント」の2車は、ともに4リッターV8エンジンを搭載しますが最高出力で45ps、最大トルクで50Nm 向上し、605ps/700Nmというスペック。また、2.5リッター直5ターボエンジンを搭載する「RS Q3」は27ps/15Nm向上し367ps/465Nmとなります。

Audi RS Q3 performance
▲拡大画像表示
Audi RS Q3 performance
▲拡大画像表示

前車2モデルはオーバーブーストモードで最大トルクが750Nmに達し、0-100km/h 加速のタイムは0.2 秒短縮した3.7秒に。後者は0.4秒短縮し4.4秒という速さです。

今後もスポーツ路線を強化するためにアウディは販売網を強化します。現在の拠点にショップinショップという形態で「Audi Sports店」を開設(2016年7月5日時点で24店舗)。専門教育を受けたスタッフが最新ミッドシップスポーツの「R8」を筆頭に「RS performance」シリーズを取り扱います。

R8 Coupe V10 plus
▲拡大画像表示
R8 Coupe V10 plus
▲拡大画像表示

アウディといえば1980年代にフルタイム4WDとターボエンジンで世界ラリー選手権を席巻。その後、モータースポーツで培った先進技術を市販車に反映し、アウトバーンのヒエラルキーさえ変えてしまいました。

インテリジェントなブランドイメージはこうして定着してきたわけですが、環境性能とパフォーマンスを両立させる技術力は留まるところを知らぬようです。

Text:Seiichi Norishige

価格:
RS 7 Sportback performance 1881万円
RS 6 Avant performance 1829万円
RS Q3 performance 818万円
R8 V10 5.2 FSI quattro 2456万円
R8 V10 plus 5.2 FSI quattro 2906万円

アウディジャパン
0120‐598‐106(アウディコミュニケーションセンター)

■RS 6 Avant performance und RS 7 Sportback performance

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP