Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CAR

ぶれないブランドのDNAが宿る ラグジュアリーな王道のカタチ

2016.7.1
2016.7.1

刷新された新型パナメーラが登場!

ポルシェのスポーツ&ラグジュアリーサルーン、2代目となる新型パナメーラが正式に発表されました。欧州では11月からデリバリーが始まるようですが、日本では7月28日から受注が開始されます。

今年のグッドウッドでは正式発表に先駆けてほぼスッピンのパナメーラが登場。俳優兼レーシングチームオーナーのパトリック・デンプシーがドライバーを務め話題となりました。

パトリック・デンプシー
▲拡大画像表示

当初の発売は最高出力550psを発生する4リッターV8ターボを搭載した「パナメーラターボ」、最高出力440psを発生する2.9リッターV6ターボを搭載した「パナメーラ4S 」の2モデルとなります。いずれもAWDでトランスミッションは8速PDKの組み合わせ。

フラッグシップの「パナメーラターボ」はスポーツカー開発の聖地として名高いニュルブルクリンク北コースでクラス最速の7分28秒を記録する俊足ぶり。

ちなみに時代は異なりますがフェラーリ・エンツォのラップタイムが7分25秒台、同門ポルシェの991型の911GT3RSが7分20秒です。

性能もさることながら魅力的なのはデザインです。一段とポルシェファミリーであることを強調したデザインは人気を博すことでしょう。同社のレーシングカーのような4灯LEDを採用したヘッドライト、リヤは左右のブレーキライトを結ぶことでよりスポーティに演出しています。

 

インテリアは操作系をモニターに統合しインターフェイスを改善。Apple Car Playも搭載しています。また、モダンなデザインのなかにもアナログちっくな印象のメーター類はノスタルジーさえ感じさせてくれます。

 

まさにポルシェらしい4ドアのスポーツカーといった印象の新型パナメーラ。2017年には現行ラインナップにあるハイブリットに変わるモデルも追加される予定です。

Text:Seiichi Norishige

価格:パナメーラ4S(ハンドル右) 1591万円
パナメーラターボ(ハンドル右/左) 2327万円

ポルシェジャパン
0120-846-911(ポルシェ カスタマーケアセンター)

■The new Panamera. Courage changes everything.

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP