Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
TRAVEL

【連載】週末彼女と行きたいコスパ宿
第26回 心の故郷で、金目鯛、伊勢海老、お洒落なバーも。
「花のおもてなし 南楽」は田舎より田舎らしい空間。

2016.6.20
2016.6.20

2人の“心のふるさと”がここにある

伊豆下賀茂の豊かな自然の中、青野川のほとり。竹林に囲まれ、わらべ歌が聞こえてきそうな里...。今回は、忘れかけていた田舎の香りや音、どこか懐かしい風景と雰囲気に包まれたお宿「花のおもてなし 南楽」にお2人をご案内いたします。

南楽の表玄関を入ってすぐに感じるこの懐かしさ。タイムスリップしたような感覚に襲われ、思わず足を止めてしまうことでしょう。「自分には田舎もないし、こういう土地や家には縁がないのだけれど、なんだか懐かしいのは、なぜなんだろう...」。

それは日本人が心の中に持つ共通の“原風景”が、ここに存在しているからではないのでしょうか。

館内に足を踏み入れ、チェックインの手続きの間に長旅の疲れを癒してくれる場所が「ゆり茶屋」。お抹茶と和菓子のサービスがあり、「ほっ」と一息つくことが出来ます。 朝はお煎茶、夕方には手作りフレッシュジュースの湯上りサービスもあるというから、お風呂上りの浴衣姿でぜひ立ち寄りたい場所ですよね。

客室は数寄屋造りの「野の花亭」と、囲炉裏と瓶の露天風呂付...全室が特別室仕様の「下賀茂亭」があります。全てのお部屋は南向きで広縁付きの広々としたお部屋になっており、窓を開けると目の前を流れる青野川を見渡す事が出来ます。毎日たくさんの“雑音”に囲まれて暮らす2人にとって、青野川のせせらぎの音だけが聞こえる空間で過ごすひと時は、この上ない贅沢な時間となるはず。

お風呂の充実度も自慢のお宿「南楽」。こちらの無料貸切風呂は広さとスケールが特徴です。露天風呂が併設された貸切風呂はなんと7箇所! 陶芸の湯・華の湯・四季の湯・九条の湯など、開湯当初は温泉療養を目的とする湯治場として栄えた下賀茂の名湯をパートナーと気兼ねなく、ゆったりと楽しむ事が出来るのです。事前予約は必要なく、空きがあれば好きな時間に利用できるのが嬉しいですよね。

 

メインに新鮮な金目鯛のしゃぶしゃぶを取り入れたコースが、南楽の基本料理。南伊豆に来たならまずは金目鯛! という産地の美味しさは外すことができない絶品。ギュッと締まった身質と、しっとりと脂がのった新鮮な金目鯛のしゃぶしゃぶをたっぷりと味わってください。

金目鯛コースに、南伊豆特産の“伊勢海老”を追加した「伊勢海老コース」もおススメ。 甘くプリッとした伊勢海老を、あなたのお好みの調理方法でご堪能ください。(写真は「伊勢海老の鬼殻焼き」です。)

ふるさとの設えが点在し、それぞれの場所を楽しむことが出来る館内では、夕食の後に立ち寄りたい素敵な場所があります。レトロな囲炉裏と優しい光を放つ洋風ランプの融合が印象的な和風囲炉裏バー「智里庵」です。

こちらのバーの棚には沢山の果実酒が飾られていてオリジナルカクテルにして味わうことも可能だそう。食前酒としても、食後のデザート酒としても美味しくいただけそうですよね。また、江戸時代の古民家を移築して作られた「ふるさと工房」では、土日の夜にお餅つきが開催されるんだとか。

朝食は、とろけるような湯豆腐に鯵の一夜干しなど、体にやさしい和朝食がいただけます。毎朝7:00からは南楽名物 の「田舎すいとん」がサービスで用意されています。懐かしい田舎すいとんに七味を少し振り掛けると、心と体に「じわ~」っと故郷の味が沁みこみます。 秘伝の味を守り続けるすいとん担当のおばあちゃんとの軽妙な小話も、南楽名物の一つです。

以前は日本のどこでもみることができた“日常”の風景が変貌を遂げ、いつしか日常ではなくってしまった現代。だからこそ、2人で“非日常の空間”、幼かったあの頃のふるさとへ旅してみてはいかがですか? “田舎より田舎らしい”ふるさと情緒あふれる「花のおもてなし 南楽」が2人のお帰りを待っています。

Text : Akiko Uehara

【花のおもてなし 南楽】
〒415-0303 静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂130-1
フリーダイヤル:0120-171-719
Tel:0558-62-0171 Fax:0558-62-1001
http://www.nanraku.com/

休前日(1泊2食付)1万8500円(税抜)〜(2名利用時1名あたり)

【ライター:上原亜希子】 神奈川県出身。学生時代にアメリカ留学後、大手電機メーカーに就職。その後外資系コンサルティングファーム勤務を経てパリへ3年間の留学。結婚を機にパリからアメリカへ拠点を移し、フランス・アメリカそれぞれの国の美味しい食べ物、美しい女性・男性を見て国際感覚を養う(笑)。 帰国後にフリーライターとして活動開始。趣味はテニスとお喋り。話しながら喜怒哀楽に大忙し。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP