Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CULTURE

あのディースクエアードによる
オリンピックの公式ユニフォームが話題に

2016.4.28
2016.4.28

かつてない格好よさは必見です!

ファッションとはそもそも道楽みたいものだから、社会貢献云々とは無縁だとお考えの方もいらっしゃるかも知れませんが、全くもってそんなことはありません(笑)。

「ファッションもやるときはやるんです!」と鼻息を荒くして登場してくれたのが、カナダが誇るデザインユニットDsquared2(ディースクエアード)。彼らが手掛けたリオデジャネイロ・オリンピックでカナダ選手団が開会式で着用する話題の公式ユニフォーム。我々日本人にはかなりアグレッシブに映るデザインは、お国柄どころか、誇らしげなムードさえ漂っています。

このユニフォームの製作を実現させた立役者が、1670年代に法人化した北米で最も古い会社であるHUDSON’S BAY(ハドソンベイ)です。同社の社長Liz Rodbell(リズ・ロッドベル)はこのような熱いコメントを残しています。「私たちは選手団に強い気持ちと自信に満ち溢れてスタジアムに入場してもらいたいですし、ディースクエアードのデザインするユニフォームはカナダ人のカッコ良さをより一層高めてくれるでしょう。それによって彼らの士気も高まることに間違いありません」

世界最高峰の祭典で素晴らしい仕事を成し遂げたディースクエアード。スポーティでグラマラス、マスキュリンにしてフェミニン、そして肩肘を張らなくてもラグジュアリーであるということ。このような彼らの一貫したコンセプトから誕生したユニフォームは、カナダ人の誇りを胸に世界へと羽ばたきます。ファッションの底力を感じさせる作品は必見の価値があります!

Text: FORZA STYLE

【問い合わせ】
ディースクエアード
www.dsquared2.com

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP