Web magazine for smart 40's

TOP > COLUMN
TRAVEL

【連載】週末彼女と行きたいコスパ宿
第17回 愛する人とベッドから富士山
色々な顔に変化する絶景を2人で

2016.4.13
2016.4.13

風景美術館「日本平ホテル」で最高の休日を味わう

「富士山を観賞するための宿」をご存知ですか? 外観を含め、全体を美術館的に造られたこの宿は「日本平ホテル」。日本観光地百選「第一位」に選ばれ、景勝の地として名高い日本平に、そのホテルは凛とたたずんでいます。エントランスに足を踏み入れた瞬間、正面には迫力の絶景が。素敵な週末がはじまる予感に、胸が高鳴ります。

お勧めは、夕暮れ時のチェックイン。なぜなら、夕暮れ時に部屋に入ると、息を飲む程の美しいサンセットが待ち受けているからです。オレンジ色に染まる空、その中に雄大な富士山。窓一面がまるで絵画のようで、眺めているとついつい時間を忘れてしまうほど。

また、目の前には広大な庭園が広がります。そしてその向こうには駿河湾と、2人の視界を遮るものは何もありません。

またこちらの絶景の楽しみはこれだけではありません。日が沈むのを見届けると、空の下には静岡の街の灯りが現れます。刻々と表情を変える景色から一瞬も目が離せませんね。あまりに景色に見とれてしまい、他の予定をキャンセルするカップルもいるのだそう。あえて予定は入れず、景色に没頭する。何にも追われない時間って、一番の贅沢かもしれませんね。

いつの間にか眠りに落ち、ふと目覚めると、富士山がピンク色の朝焼けの中に浮かんでいるかもしれません。まるで存在しないのではと思う程に磨かれた全面の窓と、一段低くなっているバルコニー。すべてが富士山を観る為に完璧な設計になっているからこそ、流れゆく風景を2人でベッドで横になったまま眺めていられるのです。

開放的な大きなバルコニーで、富士山を前に深呼吸をして…腹がすいていることに気付いたら、開放的な空間「ザ・テラス」での朝食が待っていますよ。もちろんここでも巨大な窓の外に富士山が。サンセット、サンライズ、そしてこんな素敵な朝食なんて、あなたはヒーロー、彼女はまるでヒロインです。

匠の技が光る夕食付きのプランもありますが、食事の時間を気にせず夜景を楽しみ、2人の気が向いた時にフラッと飲みに行くという大人な過ごし方をしてみるのもお勧めです。ゆっくり休んで心が洗われたかのような朝に「日本平ホテル」自慢の最上級の御馳走を召し上がってください。

また、富士の絶景を観るならここ、と日本が世界に誇れる「日本平ホテル」。春夏秋冬の異なる表情に魅了され、季節ごとの記念日に訪れるリピーターが多いとの事。必ずまた来たい、と誰をも虜にしてしまうこの絶景に、ぜひ特別な方を招待してください。チェックアウトの頃には心身共に癒されて、もうベッドから出られなくなってしまうかもしれません。

Text : Naoko

【日本平ホテル】
http://www.ndhl.jp/
054-335-1131
静岡市清水区馬走1500-2

日本平ツイン シーズナリティプラン
土曜日 2万1,000円〜(お1人1泊朝食付)
日曜日 1万7,000円〜(お1人1泊朝食付)
平日  1万6,000円〜(お1人1泊朝食付)

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP