Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
CULTURE

奇々怪々な「天才・村上隆」を横浜美術館で!
アーティストがコレクターになる瞬間を見逃すな。

2016.3.2
2016.3.2

村上隆のスーパーフラット・コレクション 1/30~4/3まで横浜美術館で開催

世界的・天才アーティストの「コレクターとしての一面」を覗き見る...。そんな貴重な体験ができる展覧会があること、ご存知ですか?

村上隆氏といえば、言わずと知れた世界的な天才アーティスト。現代美術家として、世界を股にかけて活躍されています。

蘇我蕭白 定家・寂蓮・西行図屏風 江戸中期

とはいえ、村上氏を詳しくしらない人からすれば「オタクっぽい人」「ルイ・ヴィトンとコラボした人」「ロック・フェラーセンターで何かやった人」というイメージかもしれませんね。「どのように凄い人なのか」が分からないという人も多いのではないでしょうか。しかし、村上氏の話題ともなれば「知っていて当然」という風に会話は進んでいくことも多い。「よく知らない」なんて言えば、教養がないと思われてしまいそうで、分からないのになんとなく相槌を打ってしまった、そんな経験をした人も多いのではないでしょうか?

そんな、村上氏を「もっと知りたい」人必見。彼自身の蒐集したコレクションを紹介する展覧会「村上隆のスーパーフラット・コレクション―蕭白、魯山人からキーファーまで―」が開催されているというのですから、この機会に天才アーティストの感性に触れてみない手はありません。

村上隆とスーパーフラット・コレクション
撮影:平尾健太郎

1月30日(土)から4月3日(日)の期間、横浜美術館にて開催されています。

村上氏が自身のコレクションを紹介する展覧会は、これが初。近年、アーティストとしてだけでなく、国内外の様々な美術品を積極的に蒐集しているコレクターでもあるという村上氏。そんな村上氏の独自の眼で選ばれた、その知られざるコレクションはまさに奇々怪々! 現代美術を中心に骨董や現代陶芸、民俗資料にまで及んでいるのです。天才アーティストがコレクターになると、こんな世界を作りだしてしまうのか...と、思わず息を飲んでしまうこと間違いなし。

特に今回注目すべきは、この展示されたコレクションを鑑賞することによって、作家の幼少期の原体験や、若き日に受けた刺激や共感に注目し、彼の美意識の源泉や価値創造のメカニズムを発見することが出来るということ。

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971年

村上氏を「なんとなく凄い人」として知っていたそこのアナタ。このコレクションを一度体感してしまえば、村上氏の才能、魅力に取り付かれ、その素晴らしさを深く深く語ることができるようになるでしょう。

現代美術から骨董、現代陶芸まで、彼の「眼」が串刺しにした美を、あなたの「眼」でご覧あれ!

Text : Akiko Uehara


会期:2016年1月30日(土)~4月3日(日)
会場:横浜美術館
  〒220-0012
  神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1 
電話:045-221-0300
休館日:木曜日
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30 まで)
http://yokohama.art.museum/index.html

【ライタープロフィール・上原亜希子】 神奈川県出身。学生時代にアメリカ留学後、大手電機メーカーに就職。その後外資系コンサルティングファーム勤務を経てパリへ3年間の留学。結婚を機にパリからアメリカへ拠点を移し、フランス・アメリカそれぞれの国の美味しい食べ物、美しい女性・男性を見て国際感覚を養う(笑)。 帰国後にフリーライターとして活動開始。趣味はテニスとお喋り。話しながら喜怒哀楽に大忙し。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP