Web magazine for smart 40's

TOP > NEWS
LIFESTYLE

腹黒ライター♡
こじらせ悠子のこじらせ日記!【Vol.1】

2016.3.12
Page 1/5
2016.3.12

FORZA編集&ライター、腹黒女の日記。

2016.3.12「薄毛の皆さんに勇気を!」

お久しぶりです。ライター・編集の西内悠子です。きらびやかな毎日を綴れぬこと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今日は某企業に打ち合わせに行き、男性のアンチエイジングについて色々教わりました。そして、その打ち合わせの中、「頭皮ケア」の話に。「頭皮ケア」「生え際の後退」「薄毛の悩み」...。

こんな話題になって、実際にツルツルな人がこの会議いたら、どうすんだよ!! 気まずいやないか! やめろや! やめてくれやぁー!

そう思っていたら......なんと! 横に座っていらっしゃいました。FORZA広告担当の、砥上先輩!!

なんでも砥上先輩、「28歳で頭髪に別れを告げた」んだとか。そのお話を聞いて、胸が締め付けられる思いでした...。私、砥上先輩の頭皮をまじまじと見たことがなかったので、ずっと「ボウズ」だと思ってたんですよね。頭の形も良いし、イケメンだし、似合ってる。だから、「ボウズにしたい」と思って頭皮をツルツルにしている「能動的スキンヘッド」だと思っていたんですよ。

ところがどっこい。砥上先輩、まさかの「意図せずツルツル」だったなんて...。

なんでも、砥上先輩は「本当は長髪でいたかった」のに、27歳の頃から生え際の後退に気づき、それをごまかすべく長髪をどんどん短髪にしたのだとか。そして最終的に「もう、スキンヘッドにするしかない」と覚悟を決めざるを得ない生え際になったのが、28歳の時だったそうな。「もう、後戻りはできない」と、バリカンで一気に生え際から刈り上げた時のことは、いまでも忘れないとのこと。

そして、今では頭髪を失ってしまったご自身の教訓を生かし、「俺みたいにはなるなよ」と、まさかの小学生のお子さんに、頭皮ケアシャンプーを使わせているのだとか。同じ過ちを二度と繰り返さぬよう後世に伝える、大切なことですよね。

そう、砥上先輩は、「能動的スキンヘッド」ではなく、「受動的スキンヘッド」だったのです。

こんなにも切ない話を、笑顔で語る砥上先輩。アンチエイジングで頭髪のケアの話になっても「僕のことは気にしないでください」と決して嫌な顔をみせない砥上先輩...。

その気持ち良いくらいの潔さを、砥上先輩のスキンヘッドが、いつでも物語っているのです。

Text:Yuko Nishiuchi
Photo:Yoshihide K
urihara
Getty Images

【西内悠子・ライタープロフィール】
1988年、兵庫県西宮市出身。同志社大学文学部哲学科卒。avexへの就職を期に上京し、3年半のOL経験を経てフリーライターとなる。在学時に自身のアメーバブログが大学生ランキング1位を獲得。会社員時代、dマガジン「Hot-Dog PRESS(講談社)」にて「おじさんハンター」として連載をしていた。


ブログ  twitter  Instagram

▶西内悠子の記事一覧
1ページ目はコチラ
2ページ目はコチラ

Page 1/5

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 【PR】今こそ乗るべきBMW”6のクーペ"、その理由 2016.11.8 update
  • 【PR】編集長・干場義雅が提案 オンでもオフでも圧倒的に使える! 「着まわしコート」18のスタイル 2016.10.25 update
  • 【PR】FOREVERMARK × FORZASTYLE ダイヤモンドは永遠の輝き 2016.10.18 update
  • 【PR】モテたい・老けたくない・ハゲたくない40's必見! アンファー×FORZA「アンチエイジングの旅」 2016.6.13 update

SELLECT 10

ランキング

HOT TOPICS

SNAP