FASHION ― COLUMN

【披露宴から2次会へ】3分で印象を変えるウェディングの簡単テクとは?

2017.11.13 2017.11.13
2017.11.13

数多くの人がいる中で、唯一の人にめぐり逢い生涯を誓い合うという結婚式。その式にご招待いただき出席するということはとても喜ばしいことです。

若い頃は新郎の友人として出席した結婚式も40代になった今では、意味合いも、スタイルも少しずつ変わってくるものです。そこで、知的でセクシーな40代男性を目指すフォルツァスタイルでは、スマフォー(スマートな40代)のために優雅さが漂うお洒落な装いをご紹介します。

冠婚葬祭用ブラックではなく、ラグジュアリー感を醸し出すネイビースーツで

まずは結婚式の一次会、披露宴のスタイルから。

スーツの中では定番カラーですが、上質なものであれば、披露宴の席で、よりラグジュアリーに映えるのがネイビースーツです。ただし、若い頃とは異なり、お洒落すぎる流行のデザインだと途端に浮いてしまい軽く見えてしまうもの。まずは、極力シンプルなスタイルにまとめることが大切です。

スーツの選び方は、なんといっても上質な素材と仕立ての良さがポイント。色は黒に近いミッドナイトネイビーブルーを選ぶのが上品です。カタチもいろいろありますが、大切なのは、自分の体型に合ったものを選ぶこと。体型に合っていないオーバーサイズのスーツはもちろん論外ですが、ピタピタすぎるスーツも、逆に貧相に見えるので大人の男性にはいただけません。

クラシックなイタリアンシルエットをベースにした、ナチュラルショルダーのものがおすすめ。

モデルは段返りの3ボタンか、2ボタンのものがベスト。裾幅は細めに。身長175cmぐらいの方でしたら裾幅17cmにするとシャープにスッキリ見えます。フォーマルなのでシングルでもOKですが、普段のスーツとしても使うことを考えればダブル4.5cm幅にすると着こなしの幅が広がります。

光沢のある上質シャツだからこそ、男の色気が漂う

シャツは結婚式や二次会などのフォーマルな場では白が基本です。襟型は、セミワイドスプレッド。目の細かいブロード織りで光沢があり上質なものがマストです。

シンプルなものは質の良さが際立つので、素材選びには手を抜かないのがポイント。もちろん体型に合うシルエットなのは必須です。カミチャニスタやデッコーロというブランドなら、手頃な価格で良質なシャツが手に入ります。

次に、ネクタイ選びです。結婚式、披露宴というと一般的には白ですが、それでは平凡かつ古いスタイルに陥ってしまうので、ネイビーでスーツと統一しシックに仕上げるのがおすすめです。太いと野暮ったくなるので、7cmくらいの幅のものを選びましょう。

白チーフは優雅さがでるようなアレンジが大切

スーツ、ネクタイがネイビーなら、チーフは意識して白いものを選んで正解。素材はシルクが一般的ですが、軽やかなイタリアンスタイルを意識するなら麻(リネン)がお洒落です。4つに折って縁の部分を出します。ハンドクラフトの職人のワザをさりげなく見せて上品に。写真は3つ山で折ったスリーピークス、4つの角を見せるフォーピークスならさらに華やかな印象に。

慣れてきたら、きちんと折らずに、ふわっと華やかさが出るように見せるといいでしょう。イタリア語では、「ナチュラーレ(自然体)」=「エレガンテ(優雅)」と言います。なるべく自然にできるようになったら合格です。

二次会シーンでは色柄チーフで華やかにスイッチ

結婚式や披露宴から二次会へ続けて参加する場合、同じスタイルでももちろんいいのですが、せっかくなら少しだけ装いを変えて楽しんでみるのもいいでしょう。

例えば、ポケットチーフ。小物を少し変えるだけでも印象が変わるので、もう1枚違うものを内ポケットに忍ばせておくと便利です。まずネクタイを外して、シャツを第2ボタンまであけます。ネクタイがなくなるだけでも、少しリラックスしたカジュアルな印象になります。さらにポケットチーフを、白い麻の正統派なものから、色柄の美しいシルク素材のものにチェンジ。さらりとポケットチーフを変えるだけで、一次会の印象とは違う華やかな印象が生まれます。

ポケットチーフの挿し方は、広げたチーフを真ん中からつまんで一度ひねって入れるクラッシュドパフが華やかでおすすめです。

お洒落上級者はカシミヤのボウタイで周囲との差をつけて

さらに変化をつけたい方は、ネクタイをボウタイに変えてみてはいかがでしょう? 

個性的になりお洒落度もかなり高め、少し大きめに結ぶと華やかさもアップします。派手になりすぎないようグレーやネイビーなどベーシックカラーを選ぶのが大人にはおすすめ。このときポケットチーフは、胸ポケットと水平に入れたTVホールドで。ボウタイが華やかなのでチーフできちんとした印象をキープします。

披露宴着用ネクタイでも簡単アレンジで華やかな二次会スタイルに

「ポケットチーフを忘れてしまった。でも二次会にお洒落して臨みたい!」という方には、外したネクタイを使って華やかに見せるテクニックがあります。これはイタリア人がよく使う手。

まずは、ネクタイをはずし、シャツを第2ボタンまであけます。ほどいたネクタイは、三つ折りにしてポケットから出るように入れます。挿し方には、あまりこだわらず、自然に華やかな印象に見せるのがポイント。あくまでナチュラーレ(自然体)に。

ネクタイを挿しているのにも関わらず、まるでポケットチーフをアレンジしているような華やかさが出たら完成です!

接近戦で知的セクシー効果があるフレグランス

小物以外にも二次会で香りをプラスする、というテクもおすすめです。

夜の二次会では、男性でも艶っぽさが必要。そんな香りの演出でも女子には効果があるものです。披露宴や一次会とは違う香りをまとって、大人の色気をアピールしてみてはいかがでしょうか?

上質なものをさり気なく取り入れるのが40代のお洒落の肝

今回使用した小物は、白麻チーフはムンガイ、シルク柄チーフ、香水、ネイビーのネクタイはすべてエルメス、カシミアのボウタイはブルネロ クチネリ。上質な小物を身につけることで男性としての品格が表現できます。

流行ではなく上品で定番のアイテムは長期間使用できるということ。実はその都度お金を使うより経済的でラグジュアリーなのです。上質のものを少しずつ揃えていくことで無駄のない経済的なお洒落を楽しむのが、今どきの男性の嗜みなのです。

Photo:Kazuya Gondo
Text:Mariko Ikeda
Cooperation:ARFERIQE SHIROKANE

※本コラムは、式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク」との連動企画です。

式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク」は、全国約4,500 件以上の結婚式場のデータベースとその検索機能を備え、国内のウエディングメディアではクチコミ掲載数日本最大級を誇る結婚準備クチコミ情報サイト。人生の中でも一番大きなイベントの一つである結婚式を控えたカップルを応援します。

PCサイト:http://www.weddingpark.net/
モバイルサイト:http://s.weddingpark.net/

【バックナンバー】
第2回 レストランウエディングのお洒落術
第3回 装いを格上げする靴の選び方
第4回 品格のあるベルト&バッグ選びと使い方
第5回 リゾートウエディングに招かれたら
第6回 大人のタキシードの着こなし方
 

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.10.15 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO