FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
PR PROMOTION

人生を謳歌する男のための時計「クストス」。
流行のラグスポ時計とは一線を画す、その比類なき魅力とは?

 

Sponsored by CVSTOS

2005年、高級機械式時計の聖地であるスイスで、フランク ミュラーの共同経営者の息子であるサスーン シルケマスと、デザイナーのアントニオ テラノヴァによって設立されたクストス。そのブランド名はラテン語で「守護神」という意味を持つ。

「ラグジュアリースポーツウォッチの先駆け」と称されることの多いクストスだが、時計専門誌「クロノス」日本版の編集長、広田雅将氏は「単なるラグスポ時計ではない」と語る。その理由とクストスの比類なき魅力とは? 干場との対談で紐解いていく。

海の見える絶好のロケーションで「クロノス」日本版の編集長、広田雅将氏と干場の対談が実現。

広田:クストスはよく、今大人気のラグジュアリースポーツウォッチのブームを生み出した、などと言われていますが、ふつうのラグジュアリースポーツウォッチとはちょっと違うんですよね。

干場:普通のラグスポ時計とは違う。どういった点でそう思われるんですか?

広田:ラグスポというよりも、ライフスタイルに寄り添った時計なんですよね。たとえばこの「CHALLENGE SEA-LINER」シリーズ。これはクルーザーに乗って船旅を楽しむような人にぴったりです。クルーザーで楽しんだ後、そのままこの時計をつけてプールに行くとか、海で泳ぐというような、優雅な時間の過ごし方を知っている人のための時計。まさに干場さんのための時計ですよね。

広田氏が「干場さんのための時計」と表現した「CHALLENGE SEA-LINER」。

干場:いやいや……(笑)。でも、僕も初めてスイスでこの時計を見たとき、すごく格好いいなって強く印象に残っていたんです。船の世界観に合うというか……。僕自身、船旅の雑誌の編集長をやっていたこともあるので、この世界観はかなり好きなんですよね。

 

クストスの腕時計で何よりも印象的なのは、そのルックス。トノウ型のケースに大胆なカラーリング、どこから見ても美しいスケルトン構造、そしてスポーティで着用感に優れたラバーベルト……。

一例を見てみよう。日本でも大人気という「チャレンジ シーライナー P-S オートマティック」の美しいマリンブルーとホワイトの色合いは、地中海の陽光きらめく海沿いの街を彷彿させる。デザイナーのアントニオ テラノヴァはシチリア出身。「日常的に船に乗る」カルチャーを持っているからこそ生み出せるカラーリングだろう。

チャレンジ シーライナー P-S オートマティック(CVT-SEA-PS-CP5N SBST)225万5000円 53.7×41㎜/SS(スカイブルーPVD)×18KRG/100m防水/ラバーストラップ

広田:クストスはデザインに目が行きがちですが、実は100m防水なんですよ。それだけの防水効果を実現するためには、高い気密性が求められます。精密にパーツを作り込んで、一分の隙もないようにピタッとはめ込まなければならないので、通常であれば丸い時計にしますよね。ところがクストスは、それをトノウ型で実現している。これってかなりすごいことなんです。

干場:確かに……。普通は防水性の高い時計って丸いですね。そう聞くとあらためてクストスの技術力の高さを感じます。それにこの大胆なスケルトン。これだけ中が美しくくっきりと見えるということは、細かなパーツの一つ一つまで、丁寧に磨き上げているってことですよね。


このチャレンジ シーライナー、ケースサイドには窓のように見える開口部がある。時計として防水性を高めるならば、通常は開口部など作らないはずだ。しかしあえて4つも「窓」を作り、サイドからも美しいパーツや、そのメカニックな動きを楽しむことができる。なぜこのようなデザインにしているのか?

マリンブルーとホワイトのカラーリングに、程よいアクセントを添えるゴールド。両サイドに2つずつ開口部が設けられている。

広田:この開口部、実はクルーズ船などの窓「舷窓」をイメージしているんです。クストスのこだわりはそれだけではありません。時計内部のブリッジにはチーク材が使われています。チーク材といえば……。

干場:もしかして、船のデッキをイメージしているんですか?

広田:そうなんです。

まさに「船」を再現した時計、というわけだ。

干場:すごい、確かに……。見れば見るほど魅惑的で、あ〜船旅行きたくなっちゃいますね。

 

広田:さらに、ケースを横から見ると緩やかなカーブを描いていますよね。だから全体的にボリュームはあるけれど、腕馴染みがいい。あと実は、時計の全長が短いんです。一見大きそうに見えるけれど全長を詰めているから、細腕の人でもがっちりとフィットするんです。

干場:なるほど。すると、パートナーとのペアでつけたり、シェアするなんていう使い方もできますね。

聞けば聞くほど魅力的で惹きつけられるクストスの世界観。動画ではさらに「スモールセコンドが6時位置についている理由と、そこに込められたメッセージ」や、「機械式時計は見やすいだけでなく、デザインの幅も広がる理由」などを、広田氏が詳しく解説している。ぜひご堪能いただきたい。

 

この「チャレンジ シーライナー」をはじめ、クストスには、「陸・海・空」からインスパイアされた3つのコレクションが揃っている。ここからは、各コレクションからイメージを膨らませた“干場流”の着こなしを紹介していこう。

クストスの“海”「CHALLENGE SEA-LINER」

まずは前述の「CHALLENGE SEA-LINER」から。

まばゆいほどのマリンブルーと輝くホワイトラバーの時計に干場が組み合わせたのは、カシミヤのネイビージャケットと白のパンツ。

このままクルーズ船に乗り込みそうな、まさに優雅で余裕のある大人ならではの着こなしだ。

「地中海を巡る船旅をイメージして……豪華客船のドレスコードでもあるエレガントカジュアルでまとめました。とにかくイタリアの人たちって、ライフスタイルを謳歌して楽しむのが上手なんです。かつて某ブランドの会長にカプリ島に招待されたんですが、ブランドの話とかは一切なく『何もしなくていいよ』と……。みんなでシャンパンや白ワインを飲んで、美味しいものを食べて、日焼けして、とにかくこのライフスタイルを楽しんでくれ、と言われたんです。素敵ですよね。そういったライフスタイルやシーンにぴったりな時計。この時計をつけて、そんな気持ちをいつも心に抱いていたいですね」

クストスの“空”「CHALLENGE JET-LINER」

航空機を想起させる「CHALLENGE JET-LINER」シリーズは、本物の航空機体さながらの構造美や素材を探究し、軽量化を実現。プライベートジェットで世界中を飛び回るジェットセッターが、時計の“重さ”を感じることなく常に着用出来る時計となっている。

チャレンジ ジェットライナーⅡ P-S オートマティック(CVT-JET2-PS TTBKTT)129万8000円 53.7×41㎜/TITANIUM/100m防水/ラバーストラップ

見た目の重厚さから、高級機械式時計特有のずっしりとした重さを予想して手に取ると、いい意味で裏切られる。えっと驚くほど軽いのだ。

干場はアリゲーターストラップ仕様のものをチョイス。チャレンジ ジェットライナーⅡ P-S オートマティック(CVT-JET2-PS 5NTT)269万5000円 53.7×41㎜/18KRG×TITANIUM/100m防水/アリゲーターストラップ

 

コロナ禍以前は、海外国内問わずあちこち飛び回っていた、まさにジェットセッターな干場。飛行機で過ごす時間の大切さを熟知している干場が選んだのは、自身が「もっとも好きでいちばん自分らしくいられる」という色、グレーのアリゲーターストラップのもの。

どちらも究極の肌触りだというカシミヤニットとスエットパンツを組み合わせたトーンオントーンのコーディネートは、リラックス感がありつつも、極上素材が醸し出す上質な雰囲気と全体のシルエットで、旅慣れた男の上品なスタイルにまとまっている。

クストスの“陸”「CHALLENGE CHRONO」

「CHALLENGE CHRONO」は、スーパースポーツカーのラグジュアリーを追求した、疾走感をつきつめた究極の曲線美が魅力的だ。

チャレンジ クロノⅢ-S(CVT-CHR3-RED TTBKTT)253万円 53.7×44㎜/TITANIUM/100m防水/ラバーストラップ

「これは僕の大好きなライダースとかに似合いますね。めちゃくちゃ格好いいじゃないですか」

黒を基調にしつつ随所に赤を使ったメカニカルなデザインは、F1でサーキットを走り抜けるスーパースポーツカーを彷彿させる。

ファーストインプレッションのとおり、干場がチャレンジ クロノにあわせたコーディネートは、ハードな男っぽさがあふれるライダースとスリムなブラックデニム。ある意味、おなじみの干場スタイル。今の干場の気分に最もハマるドンピシャな時計と言えるのかもしれない。

「これも100m防水なんですよね。それに後ろが車のホイールみたいになっている。いやぁ、スポーティで格好いいなぁコレ」

それぞれのコレクションの魅力をいっそう増幅させる、干場ならではの着こなし提案。ぜひともご参考あれ。

今、高級腕時計を買う求める理由とは?

干場:それにしても、昨今時計の値段って上がっているじゃないですか。なのに高級機械式時計を買い求める人が後をたたない。その理由って何だと思いますか?

広田:各国の金融緩和もひとつの理由ではあるんですが……。例えば車とかも素晴らしいけれど、維持費がかかるじゃないですか。

干場:車は何台も持てないですからね。

広田:税金も高いですしね。すると時計がいいってことになると思うんです。保管スペースもさほど必要ありませんし。あと、最近の時計ブームはアジアのお金持ちが牽引してるんですが、アジアって基本的にみんな半袖だから、時計が目立つんですよ。

干場:なるほど!

広田:そしてつけてみたら目立つし格好いい。するとさらにいい時計が欲しくなる、みたいな流れになってるんだと思います。みんなどんどん目が肥えてきている。だから、この5年くらいで時計のつくりがものすごく良くなってきたんです。

干場:そうなんですね。

広田:いまは時間を知るためだったらスマホがあればいいし、Apple Watchがあれば充分っていう人もいっぱいいる。でもその一方で高級機械式時計が欲しいという人もいるわけですよね。で、実際持ってみると、やっぱり素晴らしくてどんどん惹かれてしまう。僕の友人などでも、IT系でバリバリ働きながら、一方で高級機械式時計にハマっているっていう人多いですね。

干場:仕事など、やっていることはものすごくデジタルなのに。

広田:それにこの25年くらいで工作機械、削る機械がとても良くなっているんです。クストスがトノウ型で防水ケースを作れるようになったのには、今の技術だからこそなんですよね。25年前じゃできなかった。

干場:それは、車の進化にも似ていますね。

広田:そうなんです。車もどんどんスポーティに進化してきているじゃないですか。昔の車は味わいはあるけれど、機能的にはどうしても劣る。時計も同じ。クストスは今、デジタルを駆使して生きているような僕たちだからこそ楽しめる時計なんです。

干場:最先端の技術と最先端のライフスタイルが融合しているんですね。これつけて昼間はリモートで仕事して、終わったらそのままプールに行くような……。

広田:そうなんです。干場さんがFORZAで提案されているようなライフスタイルを、実はクストスはよく体現していて。しかもそれを支えているのが卓越した今の技術なんです。

干場:いや、腑に落ちました。なんでクストスはこんなに格好良くて惹かれるんだろうって、そういうことだったんですね。あとは選ぶだけ。陸、海、空、どれにしようかな、これは悩むなぁ……。

広田:干場さんはどれも似合いますよ。いっそのこと全部とか。

干場:いやいやさすがに……。ちょっと1回じっくりと考えますね。広田さん、改めて今日はありがとうございました。じゃ仕事も終わりってことで、コレ着けてこのままプール入りますかね、二人でザバッ〜と(笑)。

【提供元】
フランク ミュラー ウォッチランド東京
03-3549-1949

Video:Shingo Takeda、Kengo Yagawa
Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Yukari Tachihara 

 

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE