FASHION NEWS

40年以上前にタイムスリップ!コンバースのあの名作に胸アツなのだ。

自分の中の少年心がくすぐられる、70年代ヴィンテージの味わい

コンバースの持つ豊かなアーカイブを起点に、新たなマスターピースを提案する限定ライン「TimeLine(タイムライン)」から、下北沢のヴィンテージスニーカー専門店「SOMA」とのコラボレーションモデル「PRO LEATHER VTG SUEDE OX(プロレザー VTG スエード OX)」が7月17日に発売されました。

「SOMA」ディレクションによるスペシャルコラボ

プロレザー VTG スエード OXは、1976年に発売された「プロレザー」当時のディテールを再現。当時ありそうでなかった素材使いとカラーリングでアレンジしているのが見どころで、オリジナルに忠実なざっくりした織りのシューレースも泣かせます(コットン素材のスペアシューレースも付属)。

コンバース「PRO LEATHER VTG SUEDE OX(プロレザー VTG スエード OX)」1万6500円/コンバースインフォメーションセンター

アッパーにはヴィンテージ感のある毛足が長いスエードと、ブラックとグレイのマルチカラーを採用し、ヒール部分にポロン、インソールには履き心地の良さに繋がるオーソライトを搭載。さらにライニングには「Directed by SOMA」がコラボレーションの証しとして印字されています。

「SOMA」からFORZA STYLE読者にメッセージ

76年当時のデザインを再現したタンネームや薄いトゥ先のフォルムが、現在流行っているスニーカーとはひと味違う雰囲気を醸し出すプロレザー VTG スエード OX。ディレクションを手がけたSOMAにコンセプトなどを訊きました。

――コンバースとのコラボにあたってのコンセプトを教えてください。

コンセプトは、当店がヴィテージスニーカー専門店なので、なるべく雰囲気が味わえるようにカラーと素材・型をお願いしました。そして流行りに関係なく、いつの時代にも受け入れられるシンプル&スマートも目標にして作りました。

――注目してほしいポイントは?

70年代のオリジナルのプロレザーの雰囲気を現行でも感じられるように、細身の作り、ソールのクリーム色感、そして高級感がある毛足の長いスエードを選ばせていただきました。履けば履くほど自分に馴染んでいき、デニム等と同じく経年や使用でどんどん雰囲気があがっていくスニーカーだと思います。

特につま先のグレースエードが履けば履くほど、渋い変化をみせてくれると思いますし、履き潰すのではなく、革靴のようにダメージが出たらお直しながら長い間履いていだけたらと思います。

――FORZA STYLE読者の40代男性にメッセージを。

現代の若い男性は、着るものや持ちものをよく「可愛い」と言って買っています。店をやっている自分からすると、それは本当に少し奇妙な光景ですが、若者が世の中のトレンドを作っていっているのも確かです。

しかしある程度の大人がそういった感覚でモノを買っていると、マイナスなイメージになってしまうと思います。40代の男性なら可愛いでなく、ぜひカッコイイと思ったモノを手に取って使用していただければと思います。

今回のコンバースとのコラボスニーカーは大人がカッコイイと思って履いていただけるものになっていると思いますので、ぜひ長く履きこなしてあげてください!

【問い合わせ】
コンバースインフォメーションセンター
0120-819-217
月~金曜日(土日・祝日除く)9:00~18:00
コンバースオフィシャルオンラインショップ



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE