PR PROMOTION

【腕時計魂★モリッツ・グロスマン】ブランド初の「自動巻き」モデルは、超絶ワザの宝石箱だ!

sponsored by MORITZ GROSSMANN

モリッツ・グロスマンのブティックが建つのは、東京・文京区小石川の播磨坂の、坂を下がりきるちょっと手前。元は倉庫だったという建物を改装したブティックは、高いエントランスと、その両脇のグリーンウォールが、瀟洒で落ち着いた雰囲気です。

この辺りは桜の名所としても知られる閑静なエリア。坂道沿いの広い通りの中央には、やはり広くてゆったりとした遊歩道があり、地元の人たちの憩いの場になっています。

前回訪れたときには夏真っ盛りで太陽が暑く眩しかったですが、今回は真冬の冷たく凍った風が吹き抜け木々の枝を揺らしていました。そんな四季折々の景色や空気を味わえるのも、モリッツ・グロスマンのブティックを訪れる楽しみのひとつなのですね。

さて。今回、取材したのが、まず「ハマティック」。モリッツ・グロスマンの初の自動巻きモデルです。
 

ハマティック

自動巻き、18KRGケース、ケース径41mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。550万円(税抜)

 

ハマティック

自動巻き、18KWGケース、ケース径41mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。550万円(税抜)


 

次が、角型モデルの「コーナーストーン」の限定モデル。

ひとつは東京ブティックの限定モデルで、エナメルダイヤルのブルーのインデックスに色合わせしたブルーアリゲーターを採用。さらにドイツ製のミラネーゼブレスレットが付属するというのがチャームポイントです。
 

コーナーストーン 東京ブティック限定モデル

手巻き、SSケース、ケースサイズ46.6×29.5mm、アリゲーターストラップ(SSミラネーゼブレスレット付属)、日常生活防水。東京ブティック限定3本。330万円(税抜)

「コーナーストーン 東京ブティック限定モデル」には、このSSミラネーゼブレスレットが付属。ブレスレットはモリッツ・グロスマンでは初で、そういう意味でも、魅力的です。


 

もうひとつが、四国・高松の名店であるアイアイイスズのスペシャルモデル。シルバー製のシャンパンダイヤルに、特別仕立ての針が特徴。時分針と秒針が、すべてブラウンバイオレット、ブラウンとブラウンバイオレット、ブラウンバイオレットとブラウン、すべてブラウン、という全4モデルで各1本限定です。
 

コーナーストーン アイアイイスズ スペシャルエディション

手巻き、18KWGケース、ケースサイズ46.6×29.5mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。アイアイイスズ限定各1本。390万円(税抜)


 

そして最後が、モリッツ・グロスマンの復活12周年を記念し、2020年に発表された特別モデル。伝統技法のシルバーフリクション コーティングによるダイヤルが大きな特徴。旧ロゴも格好よくて、これは心から欲しかったです。
 

Ⅻバースデーエディション

手巻き、SSケース、ケース径41mm、アリゲーターストラップ、日常生活防水。世界限定6本。270万円(税抜)

 

 

ですが残念ながら、既に完売。うーむ、モリッツ・グロスマンはどれも稀少だから、頻繁にブティックを訪れないとダメですね。ということで、また近々、見にきます。遊歩道を散歩するのも楽しいですしね。

【ブティック情報】
モリッツ・グロスマン ブティック
住所:東京都文京区小石川4-15-9
営業時間:11:00~19:00 → 12:00~18:00(※短縮営業中)
定休日:日曜、月曜
電話:03-5615-8185

【問い合わせ】
モリッツ・グロスマン ブティック
03-5615-8185

Text:Yutaka Fukuda

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE