FASHION ― 干場と部員のTopPick!【おススメの気絶】

【1個買えばユニセフに100ドル寄付】
ルイ・ヴィトンの新作ブレスレットに気絶

2020.2.22 2020.2.22
2020.2.22
モノも情報も溢れている時代、「何をどう選んでいいかわからない」「欲しいものがほしい」。そんな悩みをお持ちのダンナに、「もれなく気絶」していただけるアイテムを干場編集長とFORZAエディター陣が厳選。ゲットするか否かは、ダンナ次第です。

ヴァージル・アブローがデザインした新作「シルバー・ロックイット」

大人も憧れるラグジュアリーストリートのアイテムを生み出しているのは、ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクターであるヴァージル・アブロー。彼が手掛けるスニーカーやバッグは、様々なスタイルに落とし込めるリアルな小物として、新作が出るたびに話題となっています。

シルバー・ロックイット ヴァージル・アブロー 各4万7000円(税抜)

そんな彼が今回デザインした最新作は、ルイ・ヴィトンのチャリティアイテム、「シルバー・ロックイット」ブレスレット。1890年にジョルジュ・ヴィトンが発明したタンブラー錠前からインスピレーションを得たデザインで、2016年にユニセフとパートナーシップを結び、誕生して以来、売り上げの一部をユニセフの支援に繋げています。

新作「シルバー・ロックイット」は、現代的なテイストを感じさせながら、一目でそれと分かるメゾンならではのデザインを踏襲。従来のコレクションに新たな展開を加えています。ヴァージル・アブローの2020春夏コレクションから着想を得た、ブラック、オレンジ、セラドン・グリーン、イエローを織り交ぜたブルーの4色展開。

このブレスレットには、シルバー素材で再解釈されたヴァージルのシグネチャーとも言える大胆なチェーンと太めのカラフルなコードが付いているのがポイント。そしてルイ・ヴィトンのチャーム、刻印を施したパドロック(南京錠)があしらわれています。ヴァージルらしいストリート性を感じさせる大胆なデザインはさすがの一言。シンプルなTシャツ姿でも、十分に目を引く完成度の高いブレスレットに仕上がっています。

しかも、このブレスは1個あたり100ドルがユニセフに寄付されます。最近ニュースになっている、自然災害や紛争の被害を受けた子どもたちの保護活動を行うユニセフの支援に繋がるのも嬉しいですよね。近くにお店がない方でも、ルイ・ヴィトン公式サイトにて購入できます。ホワイトデーのお返しにもぜひどうぞ!


Text:Satoshi Nakamoto


【問い合わせ】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.6.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO