LIFESTYLE ― VIDEO

【急な企画にお付き合いください】平成の怪物からホームランを打とう!
大阪桐蔭流、速いボールの打ち方とは?

2019.12.21 2019.12.21
2019.12.21

勝手に松坂大輔、応援企画! おじさんのための野球ハウツー動画

こんにちは、「キックの秀」です。僕は「キックの秀」というペンネームをFORZAプロデューサーから授かり、メンズ美容&ヘルスなどについてのコラムを書いているのですが、(そのバーターで笑)ついに念願の野球動画を作らせてもらえました。美容コラムを書いている「キックの秀」の野球動画企画。もうなんのこっちゃわかりませんが、とにかくスタートです!!

助けてください。

まずはじめに。僕は普段、ななめ上から失礼して、ややオラオラな感じで美容コラムを書いていますが、ただいまは正座しております。そして、みなさまに心からお願いがあります。この野球動画企画、とっても役に立つし、どんどん面白くなっていくのですが、動画の再生回数が少ないと一回で打ち切られてしまう可能性がございます。

FORZA読者のみなさま、どうかお願い致します!

お忙しいとは思いますが、動画を見てやってください。時間のない方は、最初の茶番は飛ばしていただいて2分45秒あたりからご覧ください。
 

元大阪桐蔭キャプテンのミノルマンに教わった、目からウロコの野球メソッドをわかりやすく解説しております。理論はモノホンですが、私(引き続き正座中)がYOUTUBEに不慣れすぎて、おそらく「なんだこれ?」と思われるかと思います。いえ、9割のかたが思うはずです。

しかし、どうかご辛抱いただき、応援いただけないでしょうか。頑張ってもっと面白くてためになる動画を作っていきますので! あわよくば、お友達の野球好きのかたにもお伝えいただけますと嬉しいです!

フツーのおじさんが「野球でかっこつくようになる」ためのハウツーが満載です

この動画、ユーモアを大人のたしなみとしているFORZA STYLEの遊び心で、無名の松坂世代・キックの秀が、平成の怪物・松坂大輔に挑戦する、というストーリー仕立てになっております。がしかし、なんてことはない、フツーのおじさんにこそ役立つ、野球ハウツー動画です。

・少年野球までしかやっていないから、どうやったらうまくなるのかわからない。
・子どもに野球のことを聞かれているけどなんとなく教えている。
・草野球でもっと活躍したい! 
・一度でいいからプロ野球選手のようなプレーをやってみたいもんだ!

そんな野球少年ならぬ、野球中年のみなさんに、ナイスプレーができたときの喜びをもっと感じてもらうべく、日本中(あわよくば世界中)にいる野球のプロフェッショナルな人たちに、フツーのおじさんがちょっとでも上達するためのメソッドを教えてもらいにいく、というのがこの動画のコンセプトです。

ストレートは1、2、3で打て! は間違っている⁉

ここから正座をやめて、いつもどおりのテンションでいきます笑。

みんな、言われなかっただろうか?
ストレートは1、2、3で打て。変化球は1、2「の」、3で打て、と。

もしみなさんがストレートを1,2,3で打っているのなら、この野球動画は必ず役に立つ。そういった、今まで「野球の常識」として信じて疑ってこなかったことが今回の大阪桐蔭流ミノルマンの教えでことごとく覆された。やはり本物はすごい。


話を戻そう。

この企画の目標は、フツーのおじさんである僕が松坂大輔からホームランを打つことである。そのためには、彼のストレートを高い確率で打てるようになっておく必要がある。草野球のおじさん程度の真っ直ぐすら打ち損じているようではダメだ。

そこで、僕は正直にミノルマンに聞いた。
「自分、速いボールが打てないんです」と。

ミノルマンは僕のスイングを見るなりこういった。

「ストレートは1、2〝の〟、3で打つんですよ」

ぶったまげた。

この話は今回の動画で詳しくふれていないので少しだけ解説すると、バッティングの動きは、1,2,3でタイミングをとると、いわゆるボールを待つ「間」がとりづらくて慌ただしい打ち方になってしまいやすいのだ。

だから、ストレートだろうが変化球だろうが「1、2の、3でタイミングをとって打つ」のが基本なのだそう。

試しにやってみてほしい。いち、にぃ~のぉ、さん!でストレートを打つとたしかにボールを見る「間」ができる。

え、じゃあ今まで1、2の、3で打っていた変化球はどうすれば?

その質問の答えは、第二回目の動画で詳しく解説予定なのだが、1回目で打ち切られてしまってはお蔵入りになってしまう。なので、とにかくまずはストレートの打ち方を解説したこの動画を見てください。お願いしますっ!

Author profile

福田 秀芳
福田 秀芳
Fukuda Hideyoshi

1980年生まれの松坂世代。身長2m弱。HotDogPRESS志望の夢叶わず、美容女性誌のパイオニアVOCE編集部に配属され、世にも珍しいオトコの美容担当としてお姉さまとオネエさまたちに約12年半ほどもまれる。その後、ファッション誌ViViのデジタル編集長を経て、現在は広告プランニング&セールス担当。趣味で始めたキックボクシングではアマチュア全日本大会をつごう5回優勝。特技はけん玉。悩みは音痴。インスタは@fukudapunch

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.9.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO