FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト200

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト200

老舗ブランドの大定番はクラシックなのにイマドキ

2019.8.16 2019.8.16
2019.8.16
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

元祖ボスリントンといえばこれ!

第174回目は、 モスコットのレムトッシュです。

上:3万9000円、下:3万4000円(ともに税抜)/ともにモスコット(モスコット トウキョウ)

この数年、アイウェア業界ではボストンシェイプがトレンドを継続中。さらに、四角いウェリントンをベースに、ボストンの丸いシェイプを合わせた型を“ボスリントン”とする新語まで誕生。各ブランドもこぞってボスリントンをリリースし、ボストン以上の人気を博しています。そんなボスリントンですが、元祖ともいうべきモデルは1950年代に誕生しており、それが今回紹介するモスコットの「レムトッシュ」なんです。

モスコットといえば、アンディ・ウォーホルやジョニー・デップなどの著名人が愛用していたことでも有名で、日本での本格展開はまだ10年ほどですが、その歴史は古く、100年以上の歴史を持つ老舗です。FORZARのなかにもファンは多いかと。1899年に創設者ハイマン・モスコットがマンハッタンで眼鏡の行商をしいたことが始まりで、1915年には、マンハッタンのローワーイーストサイドにショップをオープン。今も同地で営業を続け、現在は5代目であるザック・モスコット氏がデザイナーを務めています。

同ブランドを代表するモデル「レムトッシュ」は、1950年代に登場して以来のベストセラー。ジョニー・デップが愛用しているのもコレです。タレ目のブロウライン、そして丸みをもたせたシェイプが特徴で、一般的なウェリントンよりも優しい印象を与えてくれます。ですが、カシメ鋲やキーホールブリッジはビンテージライクで、男らしい無骨さもプラス。写真のように淡色レンズをチョイスすれば、艶っぽさも加わり、セクシーさも演出できるんです。

モスコットを代表するもうひとつの定番「ミルゼン」。写真上のクリアフレームは日本限定モデルで、ノーズパッドが調整可能。ガラスレンズを採用したレトロ感も魅力。上:3万5000円、下:3万4000円(ともに税抜)/ともにモスコット(モスコット トウキョウ)
メタルフレームにイタリア製アセテートを巻いた「ゼブ」。クラシカルで知的な雰囲気のこのモデルは、1960年代に英国で配給されていた眼鏡にインスパイアされてデザインされたとのこと。上:3万2000円、下:3万2000円(ともに税抜)/ともにモスコット(モスコット トウキョウ)

古き良きアメリカン・ヴィンテージの雰囲気を残したモスコットのアイウェア。今どき感もありながら、落ち着いた大人っぽさを醸せるのは歴史あるブランドならでは。丸メガネに抵抗がある方も、モスコットのラウンドシェイプなら顔馴染みもいいので気軽に掛けられておすすめです。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Tomomi Nishihara

【問い合わせ】
モスコット トウキョウ 
03-6434-1070
https://jp.moscot.com

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO