FASHION ― SNAP

【高温多湿が嘘のよう】世界最強タッグによるレインコート

2019.6.29 2019.6.29
2019.6.29

汗などの水分は外へ逃しながらも、外気の水分が内側に入るのを防ぐ

メンズの細かなトレンドを熟知し、若い目線なりのフレッシュな提案を得意とするエストネーション六本木ヒルズ店のビジュアルマーチャンダイジングを担当する小林謙介さん。そんな彼が“梅雨のコートスタイル”としてレコメンドしてくれるのは、ゴム引きコートでお馴染みであるマッキントッシュによるリネンのコート。

「雨の多いイギリスが生んだマッキントッシュによる麻のスプリングコートは、ロロ・ピアーナ社による独自のテクノロジー“ストームシステム®”ファブリックを採用しており、リネンの柔らかな素材感を損なうことのないまま機能性を高めることに成功しています。汗などの水分は外へ逃しながらも、外気の水分が内側に入るのを防ぐため、ムシムシとした日本の梅雨にこそ活躍してくれる1着です」  

マッキントッシュにおけるエイジング否定派の“経年理念”を覆す逸品です。

コート 14万5000円/マッキントッシュ、オーダージャケット 11万円/エストネーション(ともに エストネーション六本木ヒルズ店 0120-503-971)、シャツ/オリアン、パンツ/エストネーション、シューズ/クロケット&ジョーンズ、チーフ/イザイア(すべて私物)※表示価格は、全て税抜き価格です。
コロニアルカラーにはデニム合わせ土臭くなり過ぎないように
リネンなのにどこか艶っぽく、都会的な印象
足元には、英国靴の聖地ノーザンプトンにある老舗クロケット&ジョーンズ

Contribution:Yasuharu Imai

Author profile

今井 康晴
今井 康晴
Imai Yasuharu

東京都で唯一“駅”がない武蔵村山市出身。独立後スタイリストと並行し、音楽ライターやファッションサイトの編集、フォトグラファー、またDJとしても活躍の場を広げている。スタイリングとDJの共通項を模索しながら、今もディグに明け暮れる毎日を過ごす1982年生まれ、文化服装学院出身のTK世代。ちなみに在学中の愛読書は“こじラグ谷中”が編集を手掛けていた伝説の雑誌『dish.』である。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.8.19 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO