FASHION ― PROMOTION

平成最後の春が来た! TSSの干場モデルは気絶不可避のできばえです!

2019.2.20 2019.2.20
2019.2.20

サファリジャケットにシアサッカーのセットアップ。”マニフィカ”にも注目です!

sponsored by Takashimaya

地球の公転と地軸の傾きが、今年も日本列島に春をもたらしつつあります。

そう、わかりやすく言うと、スプリングハズカム。

大好調、TSS(タカシマヤ スタイルオーダー サロン)の新作ラインナップは、楽しく、そしてかっこよく平成最後の春を彩るための提案で溢れています。


パイロットシャツ/1万6000円(税抜)

「今年の春はどんなスーツを着ようかな?」

「トレンドも押さえたいけど、浮ついて見えるのはちょっと……」

「自分流に全身にアイテムをカスタマイズしてみたい」

そんなみなさまのリクエストは、おそらくすべて叶えられてしまうのではないでしょうか。

2019年のビッグニュース! 「マニフィカ」って何だ?

スーツ001/8万9000円(税抜)

まず干場編集長が「間違いない!」とオススメするのが、自身で監修したタカシマヤ スタイルオーダー サロン001型の新作です。コチラの動画でもお伝えしたイタリアの至宝、「カルロ・バルベラ」のS’140を贅沢に使用したグレー無地のスーツは、干場編集長がバイヤーとなり、価格交渉までして仕入れてきた肝いりの逸品です。

002型、003型のスーツもブラッシュアップされていますが、この春の目玉は干場も「ほしい!」と唸った新作のセットアップ。

袖を通した瞬間に気絶する着心地の良さも素晴らしいですが、”未体験の衝撃”は肩周りの神経からみなさんの脳髄に快感の電流となって伝わります。

みなさんお馴染みの高島屋メンズディビジョンバイヤーの久曽神健氏が語ります。


セットアップ002マニフィカ仕様/7万4000円(税抜)

「『マニフィカ』と名付けた超軽量の作りで、芯地や副資材を極限まで省き、超軽量化に成功しました。フィット感はそのままに、ストレスフリーな着心地を実感していただけると思います」

マニフィカは、「素晴らしい、美しい、壮大」などの意味を持つイタリア語だそうで、お馴染みの高島屋・久曽神健バイヤーの自信のほどがうかがえます。TSSの今季のテーマは、まさに出張に関連しているコンセプトだそう。

ビジネスとレジャー、一着で二つのシーンで活躍するアイテムを『ブリージャー』として打ち出しています。たとえば出張に行った後、着替えることなく、ビジネスシーンからそのまま遊びに行けるような服のイメージです。きちんとしているけれど遊び心も適度に効いている。この感覚が、いまの世の中の気分にフィットしてくれるのではないかと考えました。このブリージャーのアイテムたちが、みなさんのライフスタイルをより活き活きとさせてくれることを願っています!」

そんなブリージャーの具現である「マニフィカ」仕様は、汗ばむ季節にうれしいシアサッカー仕上げのセットアップ(001型採用)にも取り入れられています。


セットアップ001マニフィカ仕様/6万9000円(税抜)

しかも、よくあるシアサッカーではなく、ウールを採用した”ウールサッカー”だと言うことですが、一体どういうことなのでしょうか?

「表面が凸凹していて、肌との接地面積が少ない織り方をサッカーと呼びますが、巷で売られているのはコットン素材が大半です。凸凹や波状に織りを固定するため、『戻りの少ないコットンでしか織れない』というのがその理由です。しかし、今回TSSが新開発したのは、コットンより高級感のあるウールを用いたシアサッカー。ウールは復元性が高く凸凹を吸収する性質があるのでサッカー仕上げにはしにくかったのですが、ある特殊な工程を施すことによってウールでのサッカー織りを実現することができました」(久曽神氏)

シアサッカーの着心地はそのままに、コットン生地にはない「きちんと感」をウールによって演出できる。平成最後に間に合った、画期的な技術! 平成遺産認定です。

干場印のサファリジャケットが、渋すぎる!

さらにダメ押しとも言うべき気絶アイテムをご紹介しましょう。

干場が監修したこちらの「サファリジャケット」。両胸と両腰に付いた4つのパッチ&フラップポケットが特徴です。巷のコロニアルブームから着想しながらも、都会的で長く着られるシンプルなデザインが干場流。こちらも嬉しい「マニフィカ搭載モデル」で、生地はイタリアの名門「レダ」。撥水やストレッチ機能も備えているので、サファリ目的のみならず、あらゆるシーンに重宝すること間違いなしです。


サファリジャケット/5万8000円(税抜)
パンツ/1万9000円(税抜)

紙面の都合で(ウェブじゃん!)ここでは紹介できないアイテムにも、魅力的な商品が目白押し。


サファリシャツ(ネイビー無地)/1万6000円(税抜)
サファリシャツ(ネイビーストライプ)/1万8000円(税抜)

ぜひこの春は、TSSの店舗に足を運んでみてはいかがでしょうか? きっと素敵な出会いが、あなたの訪れを待っていますよ!!

Text:栗P

【提供元】
高島屋
http://www.takashimaya.co.jp/store
/special/style_order_salon/

日本橋高島屋S.C. 本館
03-3211-4111(代表)
新宿高島屋
03-5361-1111(代表)
横浜高島屋
045-311-5111(代表)
大阪高島屋
06-6631-1101(代表)
京都高島屋
075-221-8811(代表)

Author profile

栗原 資英
栗原 資英
Yoshihide Kurihara

FORZA STYLE エグゼクティブプロデューサー。FORZAをなんとかしたいと思っているオジさん。

KEYWORDS
髙島屋 TSS

WHAT's NEW

ランキング

HOT TOPICS

?>