LIFESTYLE NEWS

用の美と機能美を兼ね備えた
新しい益子焼「Minor」とは!?

益子焼作家・遠藤太郎氏と注目ギャラリーの注目コラボ

ライフスタイル意識の高まりとともに、ファッション感度の高い人から注目を集めているセンスのよい器。FORZA 世代もお気に入りの器で食事をしたいという方も多いはずです。栃木県益子町で普段使いできる器として愛され続けているのが、ご存知「益子焼」。陶芸作家として活躍している遠藤太郎氏は、2006年に窯業を開始し、益子焼にモダンなデザインを取り入れ、国内だけでなく海外でも高い評価を得ている人気作家です。

今回青山のギャラリーEATME GALLERYとのコラボレーションによって、新コレクションである「Minor(ミノル)」を発表。日常で使われるからこそ美しい、「用の美」の考えと、子供の手にもなじみやすく大人になってからも使い続けられる「機能美」をテーマに新なスタンダードとして誕生。マグカップ、小鉢、ボウル、プレートと今回は4種類が発表され、マグカップが1800円、プレートが3000円と買いやすい価格設定もうれしいところ。

また期間中は遠藤氏の定番コレクションも販売。その人気の高さから国内で手に入れるのが難しくなっているので、こちらの機会もお見逃しなく!親から子へと受け継ぐことができる美しい器で、美しく心地よいライフスタイルの構築を!

Text:Takuya Kikuchi

MINOR(ミノル)
会場:EATME GALLERY
東京都港区南青山2-22-17 川上ビル9階
期間:7月29日(金)~8月5日(金)
時間:11:00~18:00
※入場無料



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 NEWS

連載をクリップ

COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE