FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION SNAP

クラシックなネイビースーツには
ホワイトを挿して、涼しげな雰囲気に
「世界の“スマフォー”スタイル」日本版

山田朋史さん
B.R.SHOP STAFF
▶︎拡大画像表示
夏の光を反射し輝く、ソラーロ地の爽やかなクラシックスーツ
 
古き良きスタイルを継承しながらも、あえてどこか“ダーティ”な部分を取り入れることを信条とする山田さん。彼が着用しているのはショップオリジナルのオーダースーツ。「SUPER150'sと言えば、しなやかでヌメリ感のある生地を想像しますが、イタリア・ドラゴ社のテキスタイルはドライなタッチ感が特徴的で、猛暑の夏でも快適に着ることが出来る優れもの。そんな生地を用いてラペル幅(10cm)やゴージラインの角度を調整し、クラシックな雰囲気漂うスーツに仕上げましたが、パンツは“ベルトレス持ち出しロング×インプリーツ(2P)”仕様で大胆にアレンジしました。傍から見たら変り者かもしれませんけど、ボトムスに関しては10代後半から自身の定番となっているディティールでして、根っこの部分は変化せずブレていないのかもしれません」
オーダースーツ/ビーアールショップ、シャツ/ディ クルティス、シューズ/クロケット&ジョーンズ、ネクタイ/タイユアタイ(すべて私物)
B.R.SHOP 03-5414-8885
▶︎拡大画像表示
アイボリーカラーが涼しげな、タイユアタイのタイ
▶︎拡大画像表示
シャツを捲り、袖口にアクセントを
▶︎拡大画像表示
クロケット&ジョーンズの真っ白なタッセルローファーは、素足履きで涼しげ、かつ爽やかに
▶︎拡大画像表示

Contribution:Yasuharu Imai

 



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録


連載 SNAP

連載をクリップ

カテゴリー FASHION


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE