FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

プライドをかけたマシンメイドで辿り着く最高峰

2018.9.21 2018.9.21
2018.9.21
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

“いいシャツ着てる”が、ひと目でわかるブランドです

第80回目は、フライのシャツです。

6万8000円(税抜)/フライ(ストラスブルゴ)

いつかは袖を通してみたい。ドレスシャツに目覚めた時からそう思い続けながらも、いまだ所有に至らずという人も少なくはないでしょう。なにせ、お値段がお値段ですしね。

ドレスシャツにおける最高峰と称されるフライ。1962年に、イタリアはボローニャで創業しました。同ブランドを語る際によく出てくるのが「究極のマシンメイド」という表現。手縫いをウリとするブランドは多いですが、ここは手作業で正確無比に裁断された生地を、1cmに10ピッチという極精細な縫製で完璧に仕立てるためには、マシンメイドが優れていると判断。マシンメイドであることを、誇りとしています。

また、もう一つの見どころは、カルロ リーバ製のエクスクルーシブ生地。クオリティにこだわるがゆえに少数しか生産できないことから「ファブリックの宝石」と称されるカルロ リーバの希少な生地を用いることで、非常に滑らかで柔らかな肌触りを楽しませてくれます。

その生地の質感、カッティングの正確さ、縫製の丁寧さを堪能するには、やはりベーシックな白無地のポプリンがおあつらえ向きです。

こちらはストライプ。生地こそしなやかで滑らかですが、そのシルエットは無駄がなく、特にウエストラインの美しさに定評があります。6万5000円(税抜)/フライ(ストラスブルゴ)
ヴィンテージのチェック生地を採用した1枚。ファンシーなチェックですが、シルエット然り立体的な襟然り、上質なシャツであることは一目瞭然です。5万6000円(税抜)/フライ(ストラスブルゴ)

バリエーションを揃えるには少々懐には厳しい価格ですが、一度上を知るとなかなかレベルを下げられないのが人間のサガ。フライのシャツを買うときは、そのあたりも覚悟の上で。


Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ストラスブルゴ
0120-383-563
https://strasburgo.co.jp/

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.10.15 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO