LIFESTYLE ― 平松昭子の「ココが惜しいよ、40オトコ」

【意外な盲点!】シャワーで汗は流せても、そこの汚れは流せない……

2018.8.13 2018.8.13
2018.8.13

【惜しいよオトコその9】「ミミアカ・タマッテルーノ」氏  耳の汚れって、他人からはよ~く見えるんです。

これぞニッポン男子! 男同士の肉体のぶつかり合い、ほとばしる汗、セクシーだわぁ。

 

あ、あの人素敵♡ もっと寄って撮っちゃおうっと!

 

って、ちょっと待って。コレって耳垢???

 

耳垢のたまっている爽やかイケメン……、哀しすぎる……。

 

みなさまこんばんは。あっという間に8月も半ば、お盆ということで、今頃は里帰りされている方も多いことでしょう。東京は道も電車もガラガラ。暑さは変わらずですが、心なしか空気が爽やかな気がいたします。

 

さて、毎月第2&第4の月曜夜の 連載、平松昭子の「ココが惜しいよ、40オトコ」。9回目の今回ご紹介するのは、ミミアカ・タマッテルーノ氏。

御輿が似合う、爽やかイケメンなのに……。

 

耳垢が溜まっていたら、日本中の女性が悲しみに身をよじることでしょう……。

 

お祭りのシーズンは、神輿男を眺めるのも楽しみの一つです。暑い昼間に、男の人が汗でベトベトな肌を寄せ合い、時には踏み潰されても夢中になっている姿は、野生的でドキドキします。色々発散できてデトックス効果もありそうですよね。

でも、耳垢まではお神輿ではデトックスできないもの……。耳垢は毎日、お風呂上がりに綿棒で優しく掃除して欲しいなぁ、と思うのです。


例えば、電車で隣に良い感じの男性がお座りになって、あら素敵♡と内心思っていたとき。ふと横を見て、その男性の耳の入り口あたりに、フケか粉吹きか、カサカサっとした感じの耳垢がついているのに気づいてしまうと……。ショックで次の駅で降りたくなります。子供や、だらしない人だったら、そんなに気にならないのですが、かっこいい人が耳だけ油断していると、胸がキューンと痛くなってしまいます。

そういえば今をさかのぼることウン年前の、彼との旅行中。「これ、俺の好きな曲。一緒に聞かない?」と渡されたイヤホンに、耳垢みたいなものがついていたときには、彼に気づかれないようにササッと早業でこすり取りましたっけ……(遠い目)。

 

女性に耳掃除をしてもらうために、あえて耳垢をためている人もいるそうですよね。うちの、黒パグのゴローも、私に耳掃除をやらせてくれず……。何度も噛まれたので、ペットサロンのお姉さんに定期的に掃除をしてもらっています。「耳掃除に行くよ」っていうと、尻尾をふって喜びます。
 

ということで、今回の理想の男性は、“自分で耳掃除ができる人”。ワタクシこれだけで気絶です♡
さらに、綺麗に日焼けした耳だったら、もっと気絶です♡

編集部のI君は、耳掃除が好きすぎて、外耳道炎になるそうですw(by編集タッチー)

 

 

平松昭子 Akiko Hiramatsu

イラストレーター/ブロガー 雑誌やWEBサイトをメインに、ファニーでエレガントなイラストやエッセイを執筆する。一方そのファッションセンスが注目され、女性誌のファッションスナップページなどに多数登場。着物を愛好し、Masshivanのメンバーとしてアート活動にも力を入れている。著書に『平松昭子の着物事件簿』(宝島社)『マンガで読む絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社)『平松昭子のファッションホリック道』(KKベストセラーズ)などがある。かつて原宿のアンティークショップでバイトをしていたこともあり、FORZA STYLEでは「アニ散歩」に大注目。いまの夢は「カウンターでアニキと飲むこと!」その夢ははたしていつ、叶うのか?オシャレでキュートなイラスト満載のHPはこちら!http://akikohiramatsu.com

 

Illustrations: Akiko Hiramatsu
Edit : Yukari Tachihara

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO