FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

足すも引くも不要! 四半世紀前にすでに完成されたデザイン

2018.7.13 2018.7.13
2018.7.13
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

サングラスデビューは、みんなこれだったでしょ!?

第60回目は、レイバンのウェイファーラーです。

2万1000円(税抜)/レイバン(ミラリジャパン)

リーバイスの501やレッドウィングのアイリッシュセッターといった、オトコとして生まれたからには1度は手にしたことがあるはずのアイテム。ウェイファーラーも、そのひとつと言えるでしょう。

1874年に顕微鏡製造からスタートしたボシュロム社が、1929年にアメリカ軍の要請を受けて開発した、太陽光線を遮断する通称レイバングリーンと呼ばれるレンズを装着したパイロット用サングラス。それが、1937年のレイバン設立のきっかけです。当初は軍用やハンティング用といった実用サングラスが主力だったレイバンですが、1952年にファッション性を意識したウェイファーラーを発売します。50年代といえば、エルビス・プレスリーやジェームス・ディーンに多くの若者が熱中した時代。ロックや不良カルチャーのブームに乗って、ウェイファーラーは支持を集めてゆきます。

現在は、イタリアのルクスオティカ社の傘下にあるレイバン。ボシュロム時代にこだわる人も少なくありませんが、現体制になってから日本人の顔型にフィットするアジアンフィットが登場するなど、格段に掛けやすくなっています。ちなみに、ウェイファーラーとは“徒歩での旅行者”って意味なんですよ。

現在はフィットだけでなくカラーレンズなどバリエーションを揃えるウェイファーラーですが、定番といえばやっぱりブラックフレーム×グリーンレンズ。ヨロイに配したシンプルなカシメも、特徴のひとつです。
元祖レイバンといえば、左のティアドロップタイプのアビエーター。これが似合って、初めてオトコになれます。右上は、クラシックスタイルにおける定番クラブマスター。映画『マルコムX』でデンゼル・ワシントンが掛けていました。右下は、昨今トレンドのラウンドタイプ。特にゴールド×ブルー、そしてフラットレンズは要注目です。左:2万5000円、右上:2万4000円、右下:2万4000円(すべて税抜)/レイバン(ミラリジャパン)

ボブ・ディランやアンディ・ウォーホールなど、多くのアーティストが愛用する姿を写真で見ることができるウェイファーラー。メンズだけでなく、オードリー・ヘップバーンやマドンナなど、女性の愛用者も多いという定番品は、そうそうありません。

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ミラリジャパン
03-3514-2950
https://www.ray-ban.com/japan

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.7.5 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO