CAR ― NEWS

【これぞ、最上級のエクスタシー!】新エンジンを搭載のBMW M2コンペティション

2018.4.24 2018.4.24
2018.4.24

40代から始める刺激的なドリフト生活のススメ

BMWのM2クーペが2019年モデルで一新。搭載するエンジンを現行の「N55B30A」型からM4&M3と同じ「S55B30A」型へ変更され、車名も新たに「M2コンペティション」としてデビューを飾ります(欧州では夏頃を予定)。

似て非なるこのエンジン、同じ3リッターの排気量でボア×ストロークも同じ直列6気筒ターボです。NとSの差がどこにあるのか? 詳細に記せばスペースが足りませんので荒削りに省きますが、時計に例えればフラッグシップの自社キャリバー搭載モデルと、社外OEM搭載の普及版ほどの差があります。

キモとなるのはエンジンのシリンダーブロック(無論、それだけではありませんが・・・)。Nのソレはオープンデッキ構造であり、一方、今回搭載されるSはクローズドデッキ構造なのです。

モータースポーツ譲りのこの構造。高出力エンジンに欠かせない手法なのですが、その魅力はパフォーマンスとともに上質なフィーリングが味わえる点にあります。

時計の内部パーツ同様に、クルマはムービングパーツの集合体です。パーツ1点1点の素材や製造法、強度や精度が質となって表面化し、ドライビングフィールを左右します。いい時計はゼンマイを巻き上げても、針を動かしても、リューズから伝わるそのフィーリングに透明感があり、上質で満足感が得られます。そして、脈打つ音も然り。

ビギナーの方々にはチンプンカンプンかと思いますが、ググるだけの価値はありますのでご興味があれば調べてみてください。

さて、今回の主役である「M2コンペティション」。もともと2シリーズはE46型3シリーズほどのコンパクトなボディサイズも相まって、多くのBMWファンから愛されるスポーツモデルです。

Mモデルの走りがさらに極まるともなれば、ブツヨクが刺激されること間違いなし、といったところでしょうか。

 

⬛新型M2コンペティション(欧州仕様)
全長×全幅×全高:4461×1854×1410mm
ホイールベース:2693mm
トレッド前/後:1579/1601mm エンジン型式:S55B30A
最高出力:302kW(410hp)/5250–7000rpm
最大トルク:550Nm/2350-5200rpm 100 km/h:M DCT 4.2 sec ・6MT 4.4 sec
最高速度:250 km/h(M Driver’s Package装着車280 km/h)
※欧州仕様につき最高出力はhp表示。日本価格未定

⬛M2クーペ(現行型日本仕様
全長×全幅×全高:4475×1855×1410mm
ホイールベース:2695mm
トレッド前/後:1580/1600mm
エンジン型式:N55B30A
最高出力:272kW(370ps)/6500rpm
最大トルク:465Nm/1400-5560rpm
価格:6速MT(右)802万円/7速 M DCT(右)827万円

いまのところ日本仕様の正式アナウンスはありませんが、Sエンジンの価値を少なく見積もっても50万円以上のバリューがあります。また、エアロダイナミクスを考慮した新たなエクステリア、補強されたシャシー、6ポットブレーキキャリパー&大口径ディスクローターのオプション設定など、スポーツ派必見のメニューが並びます。

ご参考までに、同じ2ドアクーペのM4のスペックもおさらいしてみます。

M4クーペ
拡大画像表示

⬛M4クーペ(現行型日本仕様)
全長×全幅×全高: 4685×1870×1390mm
ホイールベース: 2810mm
トレッド:1580/1605mm
エンジン型式:S55B30A
最高出力:317kW(431ps)/7300rpm
最大トルク:550Nm/1850-5500rpm
価格:6速MT(左・右)1182万円/7速M DCT(右)1233万円

⬛M4クーペ コンペティション(現行型日本仕様)
エンジン型式:S55B30A
最高出力:331kW(450ps)/7000rpm
最大トルク:550Nm/2350-5500rpm
価格:6速MT(左・右)1253万円/7速M DCT(右)1304万円
※ディメンションはM4クーペと共通

同じSエンジンでも兄貴分のM4よりやや下回るパフォーマンスですが、「M2コンペティション」の身上はホイールベースの短さ。開発陣の言葉を要約すれば「最高にホットなドリフトマシン」に仕上がっているそうです。

実車の重心位置やロールセンターなど、まだまだ気になる部分はあるものの、これらは試乗するまでわかりません。しかし、今回のニュースはクルマ好きフォルツァ世代の心を揺さぶることだけは間違いないでしょう。

Text:Seiichi Norishige

BMW
0120-269-437(BMWカスタマー・インタラクション・センター)

■The all-new BMW M2 Competition

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 信頼を得られる、新しいスーツ #挑戦者のスーツ INDEX 2018.10.9 update
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.10.15 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO