FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

これが似合って、はじめて大人になれるのです

2018.4.13 2018.4.13
2018.4.13

大人のオトコとして、持っておかなければならない1着です

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第34回目は、アクアスキュータムのトレンチコートです。

キングスゲート19万円(税抜)/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)

トレンチコートを展開するブランドは多いですが、その中でも紳士が着るに相応しい1着を選べと言われれば、アクアスキュータムを選ぶ人が多いのではないでしょうか。トレンチコートの出自は、ご存知の通りミリタリー。現在、それがジェントルマンズコートの象徴となったのは、アクアスキュータムによるところが大きいのです。

同ブランドは、1851年のイギリス・ロンドンにて創業しました。創業者のジョン・エマリーは仕立て職人であり、そのはじまりは高級紳士服店でした。エマリーは、優れた職人技を活かし画期的な生地をいくつも生み出します。そのひとつとなる、防水加工したウール生地で特許を取得し、それを機にラテン語で水の盾を意味するアクアスキュータムというブランド名が誕生したのです。

トレンチコートが誕生したのは1914年。第1次世界大戦における英国軍用のコートとして、持ち前の防水技術を投入し開発したコートが、トレンチコートの元祖とされています。特徴は、機能的なディテールはそのままに、やはり紳士服仕込みの仕立ての良さでしょう。英国王室が、同ブランドのコートを公式な場でしばしば着用していたのが、何よりの証拠です。

ミリタリー生まれの紳士服は多いですが、アクアスキュータムのそれはまさしく代表格。オトコとして持っておくべき1着というのは、おおげさじゃありません。

アンブレラヨークと呼ばれる、2重になったヨークの生地。防水性と通気性を兼備する仕様です。ジェントルマンズコートの象徴となった今でも、手榴弾を引っ掛けておくDリングといったミリタリー出自のディテールは、忠実に踏襲されています。
品良い光沢感が上質さを訴えるコットン×ポリエステルのギャバジン地には、耐久性の高い撥水加工が施されています。雨水を防ぐという本来の目的を考えれば、トレンチコートはロングレングスがスタンダードです。

もはや説明不要の定番的存在ですが、英国クラシック回帰の昨今はロングレングスに買い換えるという人も多いよう。なおさらアクアスキュータムは、最善の選択といえるでしょう。


Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
レナウン プレスポート
03-4521-8190
https://aquascutum.jp/

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.3.30 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO