FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

紺ブレ復活の今、欲しいのはこんな美脚パンツ

2018.3.13 2018.3.13
2018.3.13

オトコだって美脚になりたい! ならばここです

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第25回目は、PT01のスラックスです。

パンツ3万6000円/PT01(PT JAPAN)

パンツ専業ブランドが多く存在するイタリアにおいても、独自の世界観でファンを獲得しているのがPT01(ピーティー・ゼロウーノ)です。

同ブランドは、「メンズクロージングにおける最需要アイテムはパンツである」という信念を掲げ、2008年に創業しました。歴史あるブランドやファクトリーが居並ぶイタリアにおいては、いうまでもなく後発です。しかし、それこそがPT01の強み。それまで、ドレスパンツにおいてはクラシックが絶対基準であった中、トレンドやオリジナリティを強く意識したラインナップを披露。また、コンセプトを明確にカテゴライズすることで、様々なスタイルやフィットを提供しています。
今回紹介するのは、現在8種類あるフィットの中から、最もスタンダードとなるスリムフィットからの1本。

遠目にはベーシックなグレースラックスですが、よく見ればうっすらブルーのチェックに、かすれるようなホワイトのオーバーペンが。まさしく、単にベーシックで終わらない1本です。
 

平置きだと改めてわかる、立体的なヒップライン。この立体的なパターンが、オトコの美脚を作り出すのです。現在展開されているフィットは、写真のスリムフィットとともに、スーパースリムフィット、スキニーフィット、EVOフィット、グラヴェンフィット、プレッピーフィット、キャロットフィット、ジェントルマンフィットの8種類になります。※モデルや生地によって、選べるフィットが限られる場合があるのであしからず。
こちらが、今シーズン新たに登場したジェントルマンフィット。クラシックトレンドを受けて、1プリーツにゆったりとした太もも周りを採用しています。とはいえ、ひざ下からはテーパードを効かせて、あくまで今どきなクラシックを演出しています。パンツ4万5000円/PT01(PT JAPAN)

 フィットや生地、またディテールも含めて多様なスタイルを楽しませてくれるPT01。ぶっちゃけ、オンもオフもここを押さえておけばこと足ります!

Photo:Naoto Otsubo
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
PT JAPAN
03-5485-0058
http://pt-japan.com/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.4.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO