FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

【バンダナ、メタルビーズ、イタリアンカラー】細部にハマる!ヤコブ コーエンのデニムパンツ  

2018.2.20 2018.2.20
2018.2.20
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

ここがなければ、デニムブームは来なかった、かも!?

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第19回目は、ヤコブ コーエンのデニムパンツです。 

右7万円、左7万3000円/ともにヤコブ コーエン

ワークウェアとして生まれたデニムも、今ではファッションアイテムとして認知されています。それどころか昨今は、スーツやジャケット、スラックスなど、ドレススタイルにおいても欠かせない存在に。

そんなデニムに対する価値観の変革に、多大な貢献をしたのがヤコブ コーエンです。1985年に、イタリアはパドヴァで誕生したヤコブ コーエン。特徴は、ドレスパンツ顔負けの美しいシルエットです。それは、ビスポークのドレスパンツで行うアイロンによるくせ取りを、デニムパンツに用いることで実現したもの。これにより、脚のラインに沿った立体的なシルエットを描くのです。この手法によって作られた同ブランドのデニムにより、“テーラードデニム”なる新語が生まれたのは、みなさんご存知のことかと。代表モデルは、今回紹介する股上が浅くテーパードしたJ622。

春夏は薄色の色落ちデニムが穿きたくなりますが、ヤコブ コーエンの1本なら、ラフさ一辺倒にならず、あくまで大人な品の良さを以って穿けますよ。

ディテールでのラグジュアリー演出も、ここが得意とするところ。おなじみのヘア・オン・ハイドパッチには、ロゴをメタルピースでデザイン。バンダナが付属するのも、おなじみです。さらに、バックポケットのイタリアンカラーセルビッジ使いなど、細部での見せ方上手はさすがイタリアンデニムブランドです。
ステッチの色をモデルによって変えたりと、イタリアらしい遊び心が満載。生地に香りづけを行うのも、伊達男から愛される理由でしょう。とは言え、ブランドのイズムとしてはトラディショナルなアメリカンデニムに対してリスペクトを掲げており、採用するデニム生地もアメリカのコーンミルズ社や日本の岡山産など、デニムマニアも納得なセレクトを披露しています。

アメリカンデニム好きが多いイタリア人。いかにもドレッシーなデザインじゃなく、あくまでワークウェアが出自であることをにじませたデザインが、アメリカンデニムに慣れた日本での人気を獲得した理由のひとつと言えます。今春は初のアメリカンデニム風のリジッド調タイプもリリースされたようなので、そちらも見逃せませんね。

Photo:Riki Kashiwabara
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ先】
ヤコブ コーエン GINZA SIX
03-3572-0017
http://www.coronet.co.jp/
 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO