FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

日本人でもバッチリ似合う!気絶するほど柔らかい ボルサリーノのハット

2018.1.2
2018.1.2

クラシック回帰の今、コーデの決め手はやっぱりこれ!

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第5回目は、ハット界の名流ボルサリーノです。

押しも押されぬ定番過ぎて、もはや紹介するまでもないのでしょうか。ハットといえばボルサリーノと、代名詞的存在として認知されている同ブランド。創業は1857年のイタリア・ピエモンテ州アレッサンドリア。創業者ジュゼッペ・ボルサリーノは、少年時代より帽子工場で働き始め、さらなる技術向上を目指してフランスへと渡ります。その後、自ら工房を開き、パリ万博でグランプリを獲得したのを皮切りに、ハット界の名流として世界中に顧客を抱えるようになっていきます。

上質なビーバー素材や40以上もの工程数など語れる魅力は沢山ありますが、ボルサリーノ最大の魅力は、クラシックに倣いながらもモダンさを取り入れている点。その代表例が、フェルトの柔らかさと軽さです。

今回紹介するビーバーファー・フェルトのハットは、その見た目こそ凛としていますが、生地自体は実にソフト。ハットといえば英国も名門揃いですが、柔らかさと軽さにおいてはスーツ同様にイタリアのボルサリーノが圧倒的です。修行先に当時ハット界をリードしていた英国ではなくフランスを選んだことも、その柔らかな作りに寄与しているのは想像に難くありませんね。

ふわふわの内毛を厳選した、ビーバーの毛を採用するフェルト地。柔らかさや軽さはもちろん、滑らかな肌触りに上品な光沢、そして耐久性や防水性にも優れており、ハットにおけるフェルト素材の最高級とされています。写真のモデルは、日本人の顔型に合いやすいツバ幅6cmのミドルブリムです。
ライニングに記される、ビーバーモデルの紋章。同紋章がデザインされた、専用BOXも付属します。ちなみに、正しい保存方法はBOX内の仕切りにクラウンを下にして収納すること。正体で平置きすると、ブリムのカーブが型崩れを起こしてしまいますので、仕切りはくれぐれも捨てないように。

イタリア解釈の英国クラシックがトレンドの主流となる今、ボルサリーノはまさに適役。柔らかなボルサリーノは、スーツだけでなくカジュアルにも馴染んでくれるのがうれしいですよね。

各11万円(税抜)/ボルサリーノ

Photo:Tetsuji Hanabusa
Edit:Noriaki Osaki
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
ボルサリーノ ジャパン
03-3230-1030
http://www.borsalino.com/jp

 

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2017.9.19 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO