FASHION ― エディター ヤナカの「こじラグ」

第57回 夏の必需品! ボルサリーノのパナマハット

2017.6.30 2017.6.30
2017.6.30
自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせてるのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかは分かりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

夏の格好はだらしなくなりがちだから、せめてパナマハットで紳士の正装気分を

さて、57回目は、「ボルサリーノ」のパナマハットです。昔のジェントルマンやジャズマン、リゾートで優雅に過ごしてる方々への憧れが強いのか…、ハットが欠かせないんです。英国のクリスティーズ(Christys'& Co)やジェームスロック(James Lock & Co. Hatters)、アメリカのステットソン(STETSON)、パナマならエクアドルのオメロ オルテガ(Homero Ortega)などなど、素敵な帽子メーカーがたくさんあるんですが、いつぞやの刷り込みなのか、やっぱりボルサリーノ(Borsalino)が好きなんです。

ラビットファーフェルトや、清水ダイブしたビーバーファーフェルトのソフトハットは秋冬用なので追って紹介しますが、今回はパナマ。最高級品は数百万もするほど高価で、柔軟でありながら強靭さも併せ持ち、旅などの際に丸めてしまっても元の形が崩れることはないらしいんですが…、パナマって絶対に消耗品。かぶってれば少しずつ灼けてきますし、かぶる際に気を遣っていたとしても触る場所は痛んでくる。あと何と言っても湿気が多く汗をかく時期にかぶるわけですから、そりゃどうしたっておスメルが気になるわけです。濡れた子犬みたいな匂いがしだす(笑)。

だから、さすがにそこまで高額なモノを選べないんですが…、出張でイギリス行った際に、日本だと5万円オーバーくらいのパナマが破格で販売されていたんで、軽い気持ちで清水ダイブ! しかも免税だったので、さらに戻ってくるはずだったんですが、あの大きな箱を持ったまま飛行機に乗るのも、ましてやトランクに入れるのも困難と感じ、店頭で箱を処分して頂き、かぶって帰ってきたという代物です。

これ買った直後くらいにストリートでもロングブリムが流行ってしまい、若干かぶるのを躊躇した時期もありましたが、いまじゃ そんなブームあった?ってくらい見事に流れ去っているので、こちらも何もなかったが如く かぶっています。

そうそう、今季は"コロニアル"なカラーリングやオープンカラーのシャツが流行っているんですが、あまりそっち方面なスタイリングにしちゃうと…

 

 
「うれしい、もうすぐ、ドンタコスが食べれるぅ〜」って、誰がプートだっ! 
あと、こうならないようにも気をつけないといけませんよね。
 
 
あぁ、ヨイショー!(笑)

Photo:Riku Kashiwabara
Text:Ryutaro Yanaka

『FORZA STYLE』シニアエディター
谷中龍太郎

さまざまな雑誌での編集、webマガジン『HOUYHNHNM』編集長を経て、『FORZA STYLE』にシニアエディターとして参画。現在までにファッションを中心に雑誌、広告、カタログなどを数多く手掛け、2012年にはニューバランス初となるブランドブックも編纂。1976年生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO