FASHION ― オトナの”鉄板定番”ベスト100

ゲットすれば気絶する! オトナの”鉄板定番”ベスト100

部屋の中でもしたくなる! 天国の着け心地のグローブといえば!?

2017.12.15 2017.12.15
2017.12.15
男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

紳士たる者、持って然るべし! デンツのペッカリーカシミアグローブ

男を惹きつけてやまない定番の魅力。しかし、定番ゆえに見過ごし、定番ゆえに買い逃してはいませんか? 知ればあなたの人生を必ず豊かにしてくれるFORZA厳選の「鉄板定番」を、あらためて紐解きご紹介する当企画。

第2回目は、メンズグローブの名手デンツです。

冬の紳士における3種の神器といえば、ハットにコート、そしてグローブです。
パッと目につきやすいのはハットとコートですが、動きの多い手元のアイテムであり、時にはコートのポケットへ指しアクセサリーの役割も担うグローブ選びは、手抜かり厳禁。とはいえ、悩む必要はありません。デンツを選べば間違いありませんから。

デンツは、1777年にイギリスのウースターで創業しました。紳士の服飾史における最重要人物ボー・ブランメルが生まれる、ちょうど1年前ですね。同ブランドのグローブは、着けていることを忘れるほどのフィット感から“シークレット・フィット”と評されています。

なかでも、代表的な革であるペッカリーを使ったモデルは、まるで第2の皮膚。もちろん、ただ良質な革使いだけでなく、32もの工程をほぼ手作業で行う職人の存在あればこそですけどね。

手首にしっかりとフィットする、スナップボタン式のアジャスターベルト。極上にやわらかいペッカリーレザーを、細部のパーツに至るまで緻密に縫い上げるのは熟練の技が必要です。時に革に傷跡がある場合がありますが、それは天然の皮革にこだわっている証。

ライニングには、贅沢にスコティッシュカシミア製のニットを採用。保温性に優れているのは言うまでもありませんが、実はカシミアは保湿においても有効です。手荒れが気になる人は是非!

指と指の股部分に設けたひし形のマチも、シークレット・フィットの要因に。グラミチのガゼットクロッチと理屈は同じです。その他にも、指先にゆとりを持たせる十字縫いや、手の甲の腱の動きを助ける3列の縫い目など、随所にこだわりが。くれぐれも、焚き火なんかに使っちゃダメですよ!

各6万4000円(税抜)/デンツ

Photo:Tetsuji Hanabusa
Edit:Noriaki Osaki
Styling:Takahiro Takashio
Text:Masafumi Yasuoka

【問い合わせ】
リーミルズ エージェンシー
03-3473-7007
http://www.dents.jp/

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.7.5 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO